ホーム > 安全な暮らし > 薬物銃器対策 > 増加する大麻栽培

ここから本文です。

増加する大麻栽培

全国的に大麻の栽培事案が増加しており、一昨年は和歌山県内で大麻草約1万1千株の水耕栽培が確認されるなど、規模が拡大しています。
京都府でも例外ではなく、マンションや空き家等の一室で大麻草の水耕栽培を行う者が増加しています。
大麻の不正栽培は、大麻取締法で禁止されている犯罪です。

taimasaibai1 taimasaibai2

肥料の提供にご注意

大麻草の水耕栽培では市販の肥料が使用されています。事情を知って大麻栽培に使用する肥料を提供した者も処罰の対象となります。

肥料に関する資料はこちら

taimasaibai3(PDF:585KB)

情報提供をお願いします

身近な一般家屋やマンションなどで大麻草の水耕栽培が行われているおそれがあります。
屋内での大麻栽培には不審な特徴が現れます。大麻草の栽培や大麻乱用を未然に防止するため、情報提供をお願いします。

大麻栽培の特徴に関する資料はこちら

taimasaibai4(PDF:685KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部組織犯罪対策第三課指導係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地