ホーム > 交通安全 > その他、交通安全を守るための情報 > 大規模災害発生時の交通規制について

ここから本文です。

大規模災害発生時の交通規制について

緊急交通路とは

大規模な地震等の災害が発生した場合に、被災者の救難及び救助、緊急輸送等の災害応急対策が的確かつ円滑に行われるようにするため、都道府県公安委員会が、一般車両の通行を禁止し、又は制限する道路のことをいいます。
※ 緊急交通路は、緊急通行車両又は規制除外車両以外の車両は通行できません。
京都府警察では、交通の混雑や事故を防止し、災害応急対策が速やかに行われるよう事前に高速道路等の主要な道路を緊急交通路の予定路線として指定しています。

緊急通行車両とは

  • 道路交通法に規定される緊急自動車(パトカー、消防車、救急車等)
  • 災害対策基本法に規定される指定機関が保有し、又は同機関との契約等により、災害応急対策に使用される車両で、標章を掲示し、証明書を備え付けているもの

規制除外車両とは

  • 災害対策に従事する自衛隊、米軍、外交官関係の車両で、特別の自動車番号標(ナンバープレート)を有しているもの
  • 民間事業者等による社会経済活動のうち、大規模災害発生時に優先すべきものに使用される車両で、標章を掲示し、証明書を備え付けているもの

 ※ 大規模災害発生時に優先すべきものに使用される車両の例

● 医師、歯科医師、医療機関等が使用する車両

● 医薬品、医療機器、医療資材等を輸送する車両

● 患者等輸送用車両(特別な構造又は装置があるものに限る。)

● 建設用重機、道路啓開作業用車両又は重機輸送用車両

緊急通行車両・規制除外車両の事前届出とは

緊急交通路を通行するためには、

確認標章 と 緊急通行車両確認証明書又は規制除外車両確認証明書

が必要となり、災害発生後に、警察署等でこれらの交付手続きをしていただくことになります。
しかし、災害発生直後は、警察署等が非常に混雑することが予想されますので、災害応急対策活動を円滑に進めるため、緊急通行車両等を事前に届け出ていただき、その確認を行うものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部交通規制課

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111