ここから本文です。

不当労働行為の審査

  • 憲法第28条で保障されている労働者の権利(団結権・団体交渉権・争議権)を保障するため、労働組合法第7条において、使用者が労働者・労働組合に対して行ってはならない行為を「不当労働行為」として禁止しています。
  • 労働委員会は、救済申立てがあれば、審査を開始します。審査の結果、「不当労働行為」があったと判断した場合には、使用者に対して原状回復のための救済措置などの命令をします。
    なお、審査の手続については、労働組合法や労働委員会規則により定められています。
  1. 不当労働行為とは

  2. 審査のながれ

  3. 審査の期間の目標

  4. 不当労働行為救済申立て

お問い合わせ

労働委員会事務局 

京都市上京区出水通油小路東入丁子風呂町104-2府庁西別館内

ファックス:075-414-5737

kyoroi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?