京都やましろ観光

「日本遺産(Japan Heritage)」

平成27年4月に、山城地域8市町村の構成文化財が文化庁が認定する「日本遺産(Japan Heritage)」に認定されました。(『日本茶800年の歴史散歩』~京都・山城)
平成28年4月には、新たに4町からも構成文化財が追加されました。
これにより、「お茶の京都」エリアの12市町村すべてに構成文化財が存在することとなりました。

ストーリー.pdf(PDFファイル,314KB)

構成文化財一覧表.pdf(PDFファイル,344KB)

構成文化財写真一覧.pdf(PDFファイル,993KB)

 

「日本茶800年の歴史散歩」紹介ムービー

日本遺産に登録された『日本茶800年の歴史散歩』の魅力を、日本茶に関心を持つ外国人3人が旅をしながらご紹介します。(You Tubeの動画)

日本茶800年の歴史散歩の写真

宇治編1(7分10秒)

宇治編2(6分15秒)

宇治田原編(4分15秒)

和束・南山城・木津川編(4分45秒)

城陽・八幡・京田辺編(4分40秒)

 

京都やましろ地域の特性

山城地域は、京都府の南部に位置し、宇治市・城陽市・ 向日市・長岡京市・八幡市・京田辺市・木津川市・大山崎町・久御山町・井手町・宇治田原町・笠置町・和束町・精華町・南山城村の7市7町1村からなり、総面積約554kmで京都府面積の約12%を占めています。
  京都・奈良・大阪を結ぶ歴史文化軸上に展開する歴史的文化地域で、京都市・大阪府・奈良県・滋賀県・三重県に接し、近隣の大都市との交流が活発です。
東は信楽山地等、西は西山や京阪奈丘陵等に挟まれ、宇治川・桂川・木津川の合流点を要に山城盆地が扇状に広がっています。河川を臨む地域を中心に市街地が発達し、背後の丘陵地や山地は、茶畑や竹林を含む緑豊かな地域を形成しています。
  全国的に有名な宇治茶や品質の高いタケノコの生産地、ナス・トマト・キュウリなど都市近郊野菜の生産地、各種研究開発施設が立地する関西文化学術研究都市、ものづくり企業の集積、多くの歴史的文化遺産、NPO等地域団体の活動を担う豊富な人材など、多種多様な特色があり、大きなポテンシャルを持っている地域です。

大福茶園(宇治田原町)

地域の資源をいかした「やましろ観光」の推進

   山城地域は、長岡京や恭仁京の都跡、平等院や石清水八幡宮、浄瑠璃寺、岩船寺など京都・奈良・大阪を結ぶ歴史文化軸に展開する豊富な歴史的文化遺産、淀川三川合流域や周辺を丘陵・山地に囲まれた豊かな自然など、数多くの観光資源、テーマ性のある地域資源に恵まれており、これらを活用した体験型観光や地域住民との交流型観光など観光客の新しいニーズに対応する広域的な着地型のニューツーリズムの事業化を推進します。
  そのため、市町村、観光協会、観光ボランティアガイド団体などの関係団体と広域的に連携する体制づくりを一層推進し、JR奈良線複線化や京都第二外環状道路などの整備促進も視野に入れたキャンペーン等の事業を積極的に展開します。

(京都府山城広域振興局:「明日の京都」山城地域振興計画より)

        

    勝龍寺城公園(長岡京市)          桓武天皇皇后陵(向日市)            観音寺の菜の花(京田辺市)