ここから本文です。

特定疾患治療研究事業について

対象疾病について

  • スモン
  • プリオン病(ヒト由来乾燥硬膜移植によるクロイツフェルト・ヤコブ病に限る。)

次の2疾病については、平成26年12月31日までに特定疾患治療研究事業の受給者として認定され、その後も継続的に認定基準を満たしている方に限られます。

  • 重症急性膵炎
  • 難治性の肝炎のうち劇症肝炎

次の疾病については、平成26年7月1日から平成26年12月31日までに特定疾患治療研究事業の受給者として認定された方であって、その有効期限の範囲内であるものに限られます。 

  • 重症多形滲出性紅斑(急性期)

各種手続きについて

特定疾患治療研究事業における軽快者について

難病医療法の施行に伴い、特定疾患治療研究事業における軽快者制度は廃止され、「特定疾患登録者証」は無効となりました。「特定疾患登録者証」に記載されている疾病について症状の悪化があり、医療費助成の支給認定を希望される方は、特定医療費(指定難病)の新規申請手続きを行ってください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?