ここから本文です。

南丹広域振興局

管内の感染症発生動向

管内感染症発生動向
(上位4疾患小児科、内科定点当たり)

令和2年第21週(令和2年5月18日~令和2年5月24日)

『定点当たり』とは
インフルエンザや感染性胃腸炎などの感染症は、小児科や内科を標榜している医療機関の中から選定し、協力していただいている定点医療機関からのみ毎週報告されます。
全ての定点医療機関からの報告数を定点数で割った値が、定点当たりの報告数=1ヵ所の医療機関で1週間に診断した患者数となります。
(例)インフルエンザ 定点当たり:15.0
⇒1ヵ所の医療機関にインフルエンザと診断された患者が1週間に15人程度いた。

概況

  1. A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(0.8→0.2)は減少しています。
  2. 感染性胃腸炎(0.0→0.4)は増加しています。
  3. 伝染性紅斑(0.2→0.4)は増加しています。
  4. 突発性発しん(0.0→0.2)は増加しています。 

今週のコメント

【新型コロナウイルス感染症について】

新型コロナウイルス感染症に関連する、京都府内での発生状況や様々な対応状況などについては、下記のページにおいて随時お知らせいたします。

〇府内の発生状況
https://www.pref.kyoto.jp/kentai/news/novelcoronavirus.html#F

  • 新型コロナウイルス感染症に係る相談窓口
    受付時間:平日・土・日・祝日:24時間対応 電話番号:075-414-4726
  • 各保健所の感染症相談窓口 平日 8時:30分~17時15分
    南丹保健所:0771-62-2979

関連リンク

問い合わせ

南丹保健所保健室 感染症・難病担当
電話:0771-62-2979
FAX:0771-63-0609

お問い合わせ

南丹広域振興局健康福祉部 南丹保健所

南丹市園部町小山東町藤ノ木21

ファックス:0771-63-0609

nanshin-ho-nantan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?