ここから本文です。

南丹広域振興局

企画調整室

   

『農林商工部企画調整室』は、南丹地域の農畜産業をどのように展開していくかを地域の方々とともに考え、業務を推進しています。

総務企画担当・地域戦略担当

京都丹波「食と森の交流の都」構想の推進

京都丹波の食材や森の文化を満喫できる都市と農山村の交流の取組を展開し、交流人口の拡大や京都丹波の農林畜産物の生産・販売拡大による地域活性化を目指します。

食の安心・安全への取組

「食」に対する安心・安全を確保するため、主に次の業務を行っています。

  • JAS法に基づく適正な食品表示の啓発・調査
  • 農薬・肥料等の販売届の受理や立入検査の実施

地域農産物の地産地消の推進

南丹地域は府内有数の食料生産地帯であり、新鮮で豊かな農畜林産物が身近で生産されており、地域の産物を地域で消費する「地産地消」を推進することにより地域の元気を高めています。

農業協同組合等の団体指導

農業協同組合、農事組合法人、農業公社等に係る各種認可・届出等の事務や指導に関する事務を行っています。 

農地転用

農地転用許可制度に係る事務や指導に関する事務を行っています。

 

農畜産振興担当

アグリビジネスの支援

様々な特産物がある南丹地域の特性を活かし、アグリベンチャー企業や農業法人を育成するとともに、商工業者と連携しながら農業の6次産業化を進めています。
府内の農林水産業者と中小企業者が連携し、創業や経営改善・向上を図る取組に助成し、京都ブランドの創造や地域経済の活性化を推進しています。

農業担い手の支援・育成

今後とも意欲を持って農業経営を行い地域農業を支える農業者の支援・育成や、集落営農の発展のための営農組織の法人化等を進めています。
特に、農業ビジネスやその起業に関心がある方を対象に、「京都丹波農起業塾」を開催します。

  •  平成27年度 京都丹波農起業塾(第2回)を開催!

主要農作物・京野菜等の生産振興

環境等にこだわった市場競争力の高い京都米づくり、実需業界から評価の高い小豆・黒大豆、安心・安全で高品質な京野菜の安定生産を進めています。

  • 京都丹波米「特Aプロジェクト」の推進
  • 金時にんじん葉(京かんざし)や黒大豆枝豆など、新規戦略作物の生産拡大

NEW!「京都丹波」豆ONE

京都丹波は、「黒大豆、大納言小豆、白大豆、紫ずきん・京夏ずきん、京白丹波」と良質で特長ある豆の主産地となっています。
地域の方と協力し、京都丹波産豆類の美味しさや栄養価など豆のもつ魅力の再発見やPRを行い、豆で一番の地域を目指す取組みを紹介します。
(給食まめ献立、簡単豆菓子レシピ、「京都丹波」豆ONEの会など)

畜産の振興

安心・安全で質の高い畜産物を消費者に提供するため、衛生管理の徹底と飼料や飼い方にこだわった農場を「京のこだわり畜産物生産農場」として登録を進めています。

第5回京のこだわり畜産物生産農場登録証交付式が行われました。                                南丹地域は4農場が登録され、登録農場は21農場となりました。(府内登録農場は41農場)

 また、京都府内の畜産生産額の半分をしめる南丹地域で家畜排せつ物の堆肥化とその利用、地域での飼料生産等を通じた耕畜連携を推進しています。

環境にやさしい農業の推進

エコファーマーや環境保全型農業直接支援対策等を通じて、環境にやさしい農業の推進につとめています。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

南丹広域振興局農林商工部 企画調整室

亀岡市荒塚町1-4-1

電話番号:0771-22-0133

ファックス:0771-21-0118

nanshin-no-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?