ここから本文です。

南丹広域振興局

消費生活出前講座 平成30年度開催報告

開催一覧は下記ページをご覧下さい。

 平成30年9月22日 京丹波町 道の駅「和(なごみ)」にて出前講座を実施

 京丹波町篠原区敬老祝賀会にお招きいただき、特殊詐欺についての講座を行いました。

<講座タイトル>
消費生活出前講座「だまされたらあきまへんで!!」

  1. 日時 平成30年9月22日(土曜日)13時00分~13時45分
  2. 場所 京丹波町 道の駅「和(なごみ)」(京丹波町坂原上モジリ)
  3. 受講者 15名

<講座内容等>
特殊詐欺の被害状況について説明した後、架空請求の事例を紹介。その後、近畿2府4県の警察が共同製作した特殊詐欺再現ドラマDVD「家族の絆で被害ゼロ!」を視聴していただきました。また、最近増えているキャッシュカードをすり替える詐欺を参加者に被害者役になっていただいて朗読劇で紹介し、対処方法について説明しました。最後に京都府警察作成の特殊詐欺被害防止の替え歌「サギの流行歌」(原曲「愛の水中花」)を受講者全員で歌いました。

<受講者アンケートより>
〇非常に楽しく受講できました。(80歳代女性)
〇次に別の項目でお願いしたいです。(60歳代男性)

 平成30年9月16日 京丹波町広野区公民館にて出前講座を実施

 京丹波町広野区敬老祝賀会にお招きいただき、特殊詐欺についての講座を行いました。

<講座タイトル>
消費生活出前講座「だまされたらあきまへんで!!」

  1. 日時 平成30年9月16日(日曜日)11時15分~11時45分
  2. 場所 京丹波町広野区公民館(京丹波町広野宮ノ前)
  3. 受講者 14名

<講座内容等>
特殊詐欺の被害状況について説明した後、架空請求の事例を紹介。その後、近畿2府4県の警察が共同製作した特殊詐欺再現ドラマDVD「家族の絆で被害ゼロ!」を視聴していただきました。最近増えているキャッシュカードをすり替える詐欺の事例も紹介し、対処方法について説明しました。最後に京都府警察作成の特殊詐欺被害防止の替え歌「サギの流行歌」(原曲「愛の水中花」)を受講者全員で歌いました。

<受講者アンケートより>
〇サギの手口がよくわかりました。注意します。(80歳代男性)
〇自分はだまされないと思いがちですが、話を聞いて、あらためて気をつけなければと思いました。(70歳代女性)

 平成30年9月11日 しんまちデイサービスセンターにて出前講座を実施

20180911 医療法人 亀岡病院(亀岡市古世町)にお招きいただき、亀岡市新町のしんまちデイサービスセンターにて、デイサービス利用者の皆様に、特殊詐欺についての講座を行いました。

<講座タイトル>
消費生活出前講座「知って安心!悪質商法撃退法」

  1. 日時 平成30年9月11日(火曜日)13時30分~15時00分
  2. 場所 しんまちデイサービスセンター(亀岡市新町)
  3. 受講者 約30名(施設職員を含む)

<講座内容等>
 しんまちデイサービスセンターには昨年度4回お招きいただき、今年度は2回目となりました。曜日によってデイサービスの利用者が異なるとのことで、昨年度、火曜日に利用されている皆様には特殊詐欺についての講座を行ったので、今回は悪質商法についての講座を行いました。
 今年に入り、地震、豪雨、台風などの自然災害が相次いだことから、災害に便乗した悪質商法の事例を紹介し、注意を呼びかけました。その他、注意したい商品・商法をDVDや寸劇で紹介し、悪質商法の上手な断り方を練習していただきました。最後に、講師の消費生活相談員が作成し著作者事務所に使用許諾を得た、「水戸黄門」の主題歌「あゝ人生に涙あり」の替え歌「詐欺・悪質商法撃退の歌」を受講者全員で歌いました。皆様、とても大きな声で、楽しく歌ってくださいました。

 平成30年6月29日しんまちデイサービスセンターにて出前講座を実施

 医療法人亀岡病院(亀岡市古世町)にお招きいただき、亀岡市新町のしんまちデイサービスセンターにて、デイサービス利用者の皆様に、特殊詐欺についての講座を行いました。

<講座タイトル>
消費生活出前講座「だまされたらあきまへんで!!」

  1. 日時 平成30年6月29日(金曜日)13時30分~15時00分
  2. 場所 しんまちデイサービスセンター(亀岡市新町)
  3. 受講者 約30名(施設職員を含む)

<講座内容等>
 しんまちデイサービスセンターでは昨年度も講座を行い、受講者の皆様にはとても印象に残ったようで、消費者ホットラインの電話番号「188」をほとんどの方が覚えてくださっていました。
昨年度は4回お招きいただきましたが、曜日によってデイサービスの利用者が異なるとのことで、昨年度、金曜日に利用されている皆様には悪質商法についての講座を行ったので、今回は特殊詐欺についての講座を行いました。
最近、はがきやメールを不特定多数の方に送りつけて架空の請求をする詐欺が目立っているため、架空請求のはがきが届いた人が消費生活センターに相談する様子を、職員さんに相談者役を演じていただいて劇で再現しました。その他、近畿2府4県の警察が共同製作した特殊詐欺再現ドラマDVD「家族の絆で被害ゼロ!」を視聴。特殊詐欺への対処方法を説明しました。最後に京都府警察作成の特殊詐欺被害防止の替え歌「サギの流行歌」を参加者全員で歌いました。
 受講者のなかに、3か月くらい前、親族の高齢男性が息子になりすました者からの電話で300万円だまし取られそうになったという方がおられ、講座修了後に体験談を語ってくださいました。

 平成30年6月27日 京都府立丹波支援学校にて出前講座を実施

 京都府立丹波支援学校にお招きいただき、高等部のPTAを対象に消費生活講座を行いました。

<講座タイトル>
若い世代のトラブルの現状と対処方法

  1. 日時 平成30年6月27日(水曜日)10時30分~11時30分
  2. 場所 京都府立丹波支援学校(南丹市八木町柴山坊田)
  3. 受講者 10名(父兄8名 教員2名)

<講座内容等>
 はじめに、消費生活センターに相談する様子を、アダルトサイトのワンクリック請求の相談を例に、先生に相談者役を演じていただいて再現しました。次に、インターネット通販トラブルの事例について動画をまじえて紹介しました。続いて、軽度知的障害のある方から受けた相談の内容と解決方法について具体例を紹介し、未成年者契約の取消や成年後見制度について説明しました。最後に、最近流行しているフリマアプリのしくみや利用時の注意点についても説明し、お子さんが利用する可能性のある新しいサービスや商品に関心を持ち、情報収集することの大切さをお伝えしました。

<受講者アンケートより>
〇我が子もですが、自分も気を付けないといけない。トラブルがあれば相談できる所があると知れて心強いです。
〇スマホを使っていますが、使いこなせず、電話さえできればいいと思っていましたが、知る事も大切だと知りましたので、少しずつ使える事が増える様、頑張ってみようかなと思いました。参加して良かったと思います。
〇今の時代は、子供もスマホを使うので、家族で日頃からよく話をして使い方を考えていかなければいけないと思いました。お話がとても印象に残り、良かったです。
〇具体的な相談事例から、どんなことに気をつければよいのかよく分かりました。非常に貴重な経験となりました。

 平成30年6月10日 南丹市園部公民館にて出前講座を実施

 京都府警察本部サイバー犯罪対策課が主催する「よくわかる!ネットトラブル対策講座」のカリキュラムの1コマとして消費生活講座の依頼を受け、ネットトラブルについての講座を行いました。

<講座タイトル>
インターネットに関する消費トラブル
~消費生活相談の現場から~

  1. 日時 平成30年6月10日(日曜日)9時40分~12時00分のうち30分間
  2. 場所 南丹市園部公民館(南丹市園部町上本町南)
  3. 受講者 12名

<講座内容等>
 インターネット関連の相談は年々増加しており、80歳代以上を除く全世代でインターネットに関する相談が最多となっている現状を報告。アダルトサイトから高額の請求を受けた人が消費生活センターに電話で相談する様子を劇で再現した後、不当な請求への対処方法等を説明しました。次に、インターネット通販のトラブル事例として、京都府消費生活安全センターのウェブサイトの「消費生活インターネット講座」に掲載中の動画のなかから「ネットショッピング 偽物ブランド」(外部リンク)を視聴していただき、ネット通販やフリマアプリを利用する際の注意点や情報収集の方法等について説明しました。
この日の講座では、京都府警察ネット安心アドバイザーによる講演、グループワークも行われました。

<受講者アンケートより>
〇(講座全体の)時間が長いので少し嫌だなあーと思っていましたが、参加させていただいてすごく勉強になりましたし、楽しく最後まで参加することができました。(40歳代女性)
〇スマホを利用するのが当たり前の時代となったが、今身近な問題やトラブルについて疑問の解消が出来た。(60歳代男性)

 

お問い合わせ

南丹広域振興局農林商工部 商工労働観光室

亀岡市荒塚町1-4-1

ファックス:0771-21-0118

nanshin-no-shoko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?