ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > JAPAN AERO SPACE 2016 国際航空宇宙展 レポート

ここから本文です。

JAPAN AERO SPACE 2016 国際航空宇宙展 レポート

国際航空宇宙展レポート

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京都品質航空機 京都府の産業支援情報

(平成28年10月11日 ものづくり振興課)

4年に1度、Boing、Airbusなど世界的企業700社以上と国内航空クラスターが集積

 

4年に1度、オリンピックyearのみに開催される「JAPAN AERO SPACE 2016(外部リンク)」。10月12日~15日(土曜日)まで、東京ビッグサイトにて開催中のこの展示会には、35カ国、700社以上の航空宇宙関連企業が出展し、今年京都で結成された「KAIN(京都航空宇宙産業ネットワーク)」をはじめ、国内の多くの航空クラスターも参加するなど、今「熱い」航空業界を探る絶好のチャンスです。その模様をレポートします。

入口では手荷物検査と金属探知機によるセキュリティチェック!まるで空港?!さすが航空機関連の展示会といったところでしょうか。ビッグサイトの展示会でこんなの初めての体験です。

ロケット、飛行機、ヘリコプター ―その最先端開発事情

ロケットに飛行機にヘリコプター!特にヘリコプターは本物が。「どうやって搬入したの?!」とびっくりするほどの大きさです。

世界に名を轟かすBoing、AirbusやLockheedなどの航空機メーカーに、MRJでも有名な三菱重工業/三菱航空機、川崎重工業、富士重工業、ナブテスコなどの日本のTier1(1次下請)機体関連メーカーなどがズラリ。ナブテスコは、新幹線の自動ドア開閉装置をはじめアクチュエータで有名ですが、航空機ではフライトコントロールシステム等を手掛けてらっしゃる会社ですね。
エンジンメーカーでも、GEやロールスロイスこそ見受けなかったものの、日本のジェットエンジン市場の7割を握るIHIなどもズラリ。そのエンジンの大きさにやはりびっくり。

航空機業界は、安全対策はもちろんのこと、低燃費化、すなわち軽量化という大きな共通ミッションに加えて、富士重工業を例に挙げれば、センサで機体損害箇所の診断などIoT的なシステムですとか、着氷対策の装置ですとか、様々な開発が進んでいるそうです。

島津製作所&旭金属工業

そして、我らが京都企業も!まずは島津製作所様ブース。航空機では、こちらもアクチュエータをされているように、フライトコントロール関係等を手掛けてらっしゃいます。航空機の電子化が進みセンサやアクチュエーターが増えるほど、より低エネルギーで熱を吸収する仕組みですとか、ヘリコプターパイロットがより安全に操縦できるよう、バイザーに操縦に必要な様々なコマンドなどが表示されるヘルメットなど、様々な開発も進めてらっしゃいます。

 

こちらは、旭金属工業様ブース。今や日本を代表する航空器部品サプライヤーです!信頼性第一の航空業らしく、数年かけて種をまき、認知、信頼をしてもらって、海外展開、そして徐々にTier1へのシフトなど、飛躍を続けてらっしゃいます。

KAIN「京都航空宇宙産業ネットワーク」

そして、「KAIN(京都航空宇宙産業ネットワーク)」ブース。敢えて「少し閉じた空間」でじっくり商談できる、「京都らしさ」を前面に打ち出したブースで、多くの人の足を止めています。

 

 

出展者は上記写真のとおり、次の6社様です。

 

ブースの中の様子です。B2B展示会であることから、閉じた空間でじっくりお話を。後にご紹介する海外企業と共通しているコンセプトですね!

 

今回のこのブース。「京都らしさ」を、各所に織り交ぜてらっしゃいます。西陣織の型を活用したり、草川精機の伊東課長の身に着けてらっしゃる帯には、航空機が飛び立つ姿が!!

海外企業ブース

 

まるでホテルのフロントのようなブースや、まるでレストランのようなブース。海外企業のブースは、製品を見せるというよりも、商談のための快適性を重視した仕様となっているというのも、今回の発見の一つです。

地域クラスター

そして、今回目立ったのは、国内40弱ものクラスターや地域による出展です!各地の「熱」がひしひしと感じられました。

一方、課題もあります。これまで京都企業様の取組でもご紹介してきましたが、品質管理など独特の難しさがある業界です。今回出展されえていたTier1企業などにお話をおうかがいすると、様々な加工工程に分断されている中小企業を束ねる「一貫生産対応」への期待とともに、窓口企業が全体の品質保証をできる体制も不可欠との意見も。

中小企業においては、参画企業の技術や管理のレベルアップを図る、互いの技術・品質を学んでいくといった地道な努力が、まず何より大切なのですね!

 

京都品質航空機

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?