ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > PINKION JAPAN株式会社 (京都企業紹介)

ここから本文です。

PINKION JAPAN株式会社 (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

specialpartner1 gojyuuonnjyunn mono   

kyoutoquolitytitle2 

ミネラルバランス飲料「PINKION」、スポーツフィナンシェ「SOY DELI」PINKION JAPAN 株式会社

01bottle 05sweet

(掲載日:平成27年12月25日、聞き手・文:ものづくり振興課 足利)

 PINKION JAPAN株式会社(外部リンク)の代表取締役・中川敏之様にお話をおうかがいしました。

天然ミネラルバランス × 低カロリー = PINKION 

-まず、御社の社名にもなっているミネラルバランス飲料「PINKION」。何より見た目がピンクで派手です。

中川) そうなんです。女性にも好まれる見た目の鮮やかさに敢えてこだわっています。

 

02tablet

 

-この看板商品の特徴を教えてください。

中川) 大きく2つあります。まず1つは、不足すれば痙攣や熱中症、脱水症状を引き起こす原因となると言われるミネラル。酵素がタンパク質、炭水化物、脂質など栄養素を分解するのを助ける触媒であるこのミネラルを、特定の種類に偏ることなく「天然バランス」で補給できる点です。通常の製法とは異なる「常温瞬間空中結晶製造法」により、鉄、亜鉛、銅、マンガンなど世界一多い14種類のミネラルが含まれることで知られる、沖縄の自然塩「ぬちまーす」を使用しています。更にプラスアルファとして幾つもの成分、例えば、肝臓の働きに効果があると言われる冬虫夏草(京都産冬虫夏草エキス)を含んでいます。

03nuchi
(冬虫夏草)

-もう1つの特徴は?

中川) 低カロリーで、あまり甘くないアスリート仕様である点です。スポーツドリンクと言われる商品の中には、甘さを出すために結局カロリーが高いものがありますが、当社では運動中に飲みやすい味を追求し、スッキリした飲みやすさをカタチにしました。ですから、スポーツクラブやスポーツジム等での取扱いが先行しています。

自身の経験が、開発の情熱に!売上の伸びとともに分社・独立!

-開発経緯はどういったものですか?

中川) 実は私自身が重い腎臓病を患い、約10年前に移植手術を受けました。老廃物だけでなく体に必要なミネラルまでが濾過され体外に出てしまい、何年も体のだるさに悩まされていました。医者に相談した時には「よく普通に立っていられるな」と言われるくらいでしたが、腎臓移植をした途端、それが治ったのです。ところが、移植に伴いウイルスまでついてきました。どんな薬を投入しても治らず、命の危険が迫っていた時に冬虫夏草が効いたのです。これが、PINKIONの開発を決意したきっかけです。

-「PINKION JAPAN」社の創設は昨年(平成26年)です。

中川) はい。PINKIONの開発に取り組み始めたのは7年前です。もともとの株式会社ワックという眼科医療機器の会社に勤務しておりましたので、その事業部門として立ち上げました。スポーツ大会やフィットネスクラブなどの販促会を中心に、少しずつ味を知ってもらう地道な活動を重ねてきましたところ、北海道から沖縄まで広く全国で取り扱っていただけるようになり、事業部門を独立させ、看板商品の名前を社名に据えたのです。

04syuttenn

アスリート・スイーツという新しいジャンル!

-チャレンジ・バイ認定商品「SOY DELI(外部リンク)」の開発経緯は?

中川) 京都の穀物卸・株式会社松尾商店様が当社のブースにいらして、大豆の活用について相談を受けたのがきっかけです。まず、アスリート用を意識していましたので、水分補給が必要なクッキーや、歯につきやすいものは除外しました。次に、高級感を持たせて間口を狭めて大手企業が参入しにくいものを考え、贈答品でもらうことが多いフィナンシェに行きつきました。そして、立命館大学スポーツ健康科学部・スポーツ健康科学科教授で日本オリンピック委員会強化スタッフのご経験もあるなど日本のスポーツ栄養学の第一人者である海老久美子教授、京都の菓子製造卸・株式会社石田老舗様に加わっていただき、「アスリートのための栄養価の高い間食」づくりに取り組みました。 

-商品の特徴は?

中川) 高品質な大豆を丸ごと使って、スティック1本に大豆60粒分のタンパク質を含んだ、防腐剤・保存料・添加物不使用でふんわり美味しい栄養補給スイーツです。

-どこで買えますか?

中川) フィナンシェでありながら少しでも価格を抑えるため、引き合いはありますが、卸はあまり積極的にはしていません。当社のウェブでご購入いただけるほか、スポーツクラブ等での取扱いを広げています。また、部活動までの間の間食用にとの、学校からの引き合いなんかもあります。

06marushe

 

-今後の事業展開は?

中川) 「SOY DELI」の開発メンバーらと次のプロジェクトを既に開始しています。2020年には東京オリンピックが開催されます。活躍するのは今、ジュニア世代の人たちです。また、2021年にはワールドマスターズゲームズが開催されます。こちらはシニアです。こうしたジュニアとシニアを中心にその食育を支えたいと思っています。そのために「アスリート・スイーツ」という新ジャンルを作っちゃおうという話をしています。

 

 

 次期プロジェクトは既に試作も始まっているとのこと。お披露目が楽しみです!

 なお、「SOY DELI」について、平成27年12月26日(土)22時~22時30分放送予定のびわこ放送「滋賀経済NOW」にてご紹介とのこと!

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?