ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 京都府の青少年に対する施策について > 児童ポルノ等自画撮り要求行為の規制について

ここから本文です。

児童ポルノ等自画撮り要求行為の規制について

条例改正により、児童ポルノ等自画撮り要求行為そのものを規制

昨今青少年のさまざまなインターネットトラブルが報告されているなか、とりわけ深刻化している問題が、児童ポルノ等自画撮り被害です。京都府を含め全国的に多発している自画撮り被害は、SNSをはじめとするコミュニティサイトに起因するものが全体の約8割で、被害児童の約半数を中学生が占めています。

青少年に自画撮りした画像の提供を求めることは、青少年の判断能力の未熟さにつけこんだ卑劣な行為です。しかし、現行法では規制されていないのが実情です。

こうした状況を踏まえ、京都府では、「青少年の健全な育成に関する条例」を改正し、自画撮りの要求行為そのものを規制。違反者を罰する規定も設けました。

注※児童ポルノ規正法に規定する児童ポルノ等をいう

平成30年7月「青少年の健全な育成に関する条例」の改正
京都府自画撮り被害防止リーフレット(表面)(JPG:3,044KB)
京都府自画撮り被害防止リーフレット(裏面)(JPG:5,457KB)

自画撮り被害のよくあるケース

自画撮り被害に至るケースとして、次のようなものがあります。
○なりすまし(同性になりすました相手から画像を求められるケース)



○困らせる(困らされたり、しつこく画像を求められるケース)



○見返り(お金やチケットの見返りとして画像を求められるケース)

被害を未然に防ぐには、何よりもまず「撮らない、送らない、断る!」

条例による規制と同時に、こうした被害にあわないためには、自画撮りを決して「撮らない、送らない」、また、要求されても「断る」ことが何よりも大切です。そして、もし困ったことが起きた場合には本人や家族だけで抱え込まず、すぐに相談窓口にご連絡ください。

青少年ネット相談窓口

  • 電話:075-605-7830
    受付時間:平日午前9時~午後5時
  • メール:seisho.net@pref.kyoto.lg.jp
    24時間受付(返信は平日となります)
  • LINE電話【7月23日~8月31日までの期間限定】
    受付時間:平日午前9時~午後5時

上記QRコードから「友だち」登録のうえ、無料通話機能をご利用ください。窓口側でも登録が必要なため、すぐに電話が通じない場合があります。また、「トーク」による相談は行っておりません。

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kateishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?