ホーム > 産業・しごと > 土木建築・基盤整備 > 令和元年度(平成31年度)入札契約制度等の主な見直し概要

ここから本文です。

令和元年度(平成31年度)入札契約制度等の主な見直し概要

令和元年度(平成31年度)入札契約制度等の主な見直し概要

公契約大綱に基づき、「公正な競争」、「地域経済への配慮」、「安心・安全の確保」のバランスがとれた入札契約制度の構築に努めています。

令和元年度の入札契約制度の改善等の内容は、次のとおりです。

入札契約制度

公契約大綱

~5月1日から適用~

1.低入札調査基準価格及び最低制限価格の見直し

~6月1日から適用~

2.消費税に関する取扱いについて

3.解体工事業の取扱いについて

~7月1日から適用~

4.評価方法の見直し(総合評価競争入札)(PDF:117KB)

5.概略発注方式の導入(試行)

6.情報共有システム(試行の拡大)

~随時適用~

7.最新の積算基準・単価の適用

~その他~

8.不当要求責任者講習のお知らせ

9.週休2日制工事の試行拡大について(9月1日から試行拡大)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部指導検査課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5183

shido@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?