ここから本文です。

治山事業

治山事業の概要

治山事業は、荒廃した森林や山地災害が発生する危険性の高い森林において、治山ダム等の防災施設整備や本数調整伐(間伐)等の森林整備により、森林の持つ防災機能や水源涵養機能の維持・増進を図り、山地災害から生命や財産を守ります。また、災害が発生した場合は被害拡大を防ぐため、森林を早期に復旧させます。

 


森林の整備

荒廃した森林で本数調整伐(間伐)や植栽を行い、土砂の流出などを防ぐ機能や水源涵養機能など公益的機能の維持・増進を図ります。

本数調整伐の実施後

本数調整伐の実施後

本数調整伐の実施後2年

本数調整伐の実施後2年

広葉樹の植栽

広葉樹の植栽

防災施設の整備

治山ダム工や流路工、のり枠工などの治山施設を設置し、土砂の移動を抑制することで山地災害の未然防止、減災対策を行います。

渓間工(治山ダム)

治山ダム工

山腹工

山腹工

項目‗緑 事業内容

お問い合わせ

農林水産部森の保全推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

morinohozen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?