ホーム > 暮らし・環境 > 暮らし・環境:新着情報 > 「成年年齢引下げを考える in KYOTO~若者の消費者被害を防ごう~」の開催について

ここから本文です。

「成年年齢引下げを考える in KYOTO~若者の消費者被害を防ごう~」の開催について

京都府では、民法改正(2022年4月1日施行)による成年年齢引下げを見据え、若者の消費者被害未然防止を図るとともに、社会全体が“自分事”として考える機運を醸成するため、京都府くらしのヤングリーダーとして養成してきた大学生を中心に、若者自らが若者のために企画運営するトークイベントを開催します。

是非御参加ください!

日時

令和元年12月14日(土曜日)13時00分~14時00分

場所

KBSホール(京都市上京区烏丸上長者町)

申込み・参加費

事前申込不要、参加費無料

主催

京都府

内容

若年者の消費者被害事例を紹介しながらお笑い芸人、有識者等による公開ラジオ放送

成年年齢引下げ・消費生活行政等の現状

  • 現在の消費者被害状況や消費者行政等について
  • 海外の18歳成年諸国の状況等についての講演

消費者被害の事例紹介・解説

イベント広報のラジオで募集した、若年者からの消費に係る「あやしいと思ったこと」やヤングリーダーからの若年者の消費者被害事例を紹介。事例等に対する吉本芸人、有識者からのコメントを通じて消費生活上の注意点やトラブルに巻き込まれた時の対処方法等についてトークし、理解を深めます。

出演者

  • 京都府くらしのヤングリーダー
  • 三室 久枝氏(NPO法人京都消費生活有資格者の会 運営委員)
  • カライスコス アントニオス氏(京都大学大学院法学研究科准教授)
  • 吉本芸人 ネイビーズアフロ
  • (司会)KBS京都アナウンサー 海平

KBS京都ラジオ『ミキの兄弟でんぱ!』番組とコラボ

事前広報のラジオにより普段の生活で「怪しい」と思ったことや、身近にあった消費者被害事例を募集し、イベント時に紹介

案内チラシ(PDF:1,157KB)

京都府くらしのヤングリーダーについてはこちら・・・若年者向け啓発事業

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民環境部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

電話(消費生活相談):075-671-0004【平日午前9時~午後4時】
電話(事務専用):075-671-0030
ファックス:075-671-0016
kyo-shohisen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?