ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > きょうと食育情報 > 食育シンポジウムについて > 食育シンポジウム家族で日本型食生活を実践~共食のススメ~を開催しました。

ここから本文です。

食育シンポジウム家族で日本型食生活を実践~共食のススメ~を開催しました。

今回は、「オヤジの味が家族を笑顔に」と題し、パパ料理研究家の滝村雅晴氏に共食(きょうしょく)や主食・主菜・副菜の重要性など、手軽でバランスのよい食事の実践方法を語っていただくほか、栄養学の専門家をパネリストにお迎えし、それぞれの立場から共食や京都ならではの食文化についてパネルディスカッションを実施しました。

日時

令和元年8月3日(土曜日)

場所

京都リサーチパーク西地区4号館バズホール

内容

(1)基調講演:「オヤジの味が家族を笑顔に-パパ料理で家族・社会を豊かに-」

講演者:滝村雅晴(たきむらまさはる)氏
パパ料理研究家/株式会社ビストロパパ代表取締役

(2)パネルディスカッション:「家族・地域を結ぶ共食で、食文化を見つめる」

コーディネーター:北村實彬(きたむらちかよし)氏
NPO法人近畿アグリハイテク副理事長/農林水産省産学連携支援コーディネーター

パネリスト:基調講演者滝村雅晴氏

石伏穣(いしぶしみのる)氏
京都府栄養士会副会長/京都栄養医療専門学校講師

松木宏美(まつきひろみ)氏
きょうと食いく先生/神戸松蔭女子学院大学講師

食育シンポジウム家族で日本型食生活を実践~共食のススメ~(報告)(PDF:255KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農政課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4939

nosei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?