ここから本文です。

丹後とり貝の紹介

丹後は大型天然トリガイの優良漁場

トリガイは、ホタテやアサリと同じ二枚貝の仲間で、北海道を除く日本各地の内湾域に分布しており、寿司だねとしても利用される高級貝です。

トリガイは高水温に弱く、水温が高くなると抵抗力が低下し、環境の影響(特に酸素不足)により死亡してしまうため、多くの地域では夏を迎える前に漁獲されます。しかし、丹後では夏を越えて2年近く生育するため、大型に成長することができます。そのため、丹後の舞鶴湾、栗田湾、宮津湾は、大型の天然トリガイが漁獲される、日本有数の優良漁場として知られています。

しかし、丹後で漁獲される大型の天然トリガイは、年によっては全く漁獲できないなど、豊凶の差が非常に激しいことから、大変貴重で高価なものとなっていました。

「丹後とり貝」とは?

京都府農林水産技術センター海洋センターでは、大型のトリガイを安定的に供給するため、全国に先がけて、トリガイの種苗(稚貝)を大量生産し、育成する技術を開発しました。

トリガイ種苗

(左:生産された稚貝右:約一年間育成したトリガイ)

「丹後とり貝」は、海洋センターで生産された種苗(稚貝)を、漁業者が、内湾(舞鶴湾、栗田湾、宮津湾、久美浜湾)でアンスラサイトという砂状の粒(石炭の一種)が入ったコンテナに入れ、約一年かけて丁寧に育成した京都府のブランドトリガイです。

「丹後とり貝」は、平成20年に公益社団法人京のふるさと産品協会が認証する「京のブランド産品」に水産物で初めて認証されました。また、翌21年には、特許庁の地域団体商標にも登録されています。

丹後とり貝

「丹後とり貝」の特徴

丁寧に育てられたトリガイは、大きいものでは殻長(殻の直径)が10cm程にも成長します。一般のトリガイと比べるとその差は一目瞭然です。

比較写真

(左:丹後とり貝右:一般的なトリガイ)

「丹後とり貝」は大変肉厚で、歯応えが良く、独特の甘みがあります。このような大きなトリガイを安定的に生産し、提供できるのは京都府だけです。

「丹後とり貝」のさばき方

1、開く

貝殻をスライドするように開き、丸みを帯びた足を取り出します。

ひらく

2、さばく

包丁でひらいて内蔵を取り除き、10数秒間熱湯で湯通しします。(ラップを敷いたまな板の上でさばくと、黒い「ハク」がとれません。

さばく

3、出来上がり

熱湯で丸まった部分を丁寧に整えて出来上がりです。
出来上がり

「丹後とり貝」が食べられる所

「丹後とり貝」の出荷は、6~7月が中心です。売り切れ御免で短期間で販売が終了する場合もあります。舞鶴市や宮津市内の一部の料理屋、すし店では、予約をすればいろいろな料理にして提供していただけますので、「丹後とり貝」の美味しさを是非味わってみてください。

なお、舞鶴市観光協会(外部リンク)及び宮津市産業振興室から「丹後とり貝」が食べられる店舗のマップが作成されています。

お問い合わせ

農林水産部水産事務所

宮津市字小田宿野1029-3

電話番号:0772-25-0129

ファックス:0772-25-1532

suisanjimusho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?