ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > ブランド水産物の紹介

ここから本文です。

ブランド水産物の紹介

より高品質で、安全・安心な水産物を消費者の皆様にお届けするために、漁業者を中心に漁協、漁連、加工・流通業者が一体となって、漁獲物の鮮度保持や厳格な選別などについて各種取組が進められています。

ここでは、その代表として何らかの認証を得たものについてご紹介します。

ブランド水産物・水産加工品

  • 丹後とり貝(京のブランド産品、地域団体商標)
    舞鶴湾、宮津湾、栗田湾、久美浜湾で育成され、特定の規格をクリアした育成トリガイ。

丹後とり貝

  • 丹後ぐじ(京のブランド産品)
    延縄漁法で漁獲され、生産・流通に関して品質管理を徹底し、特定の規格をクリアしたアカアマダイ。

丹後ぐじ

  • 間人ガニ(地域団体商標)
    間人漁港で水揚げされ、厳しい選別のもとで出荷されたカニ(ズワイガニ)。

間人ガニ

  • 舞鶴かに(地域団体商標)
    舞鶴漁港で水揚げされたズワイガニ。

舞鶴かに

  • 舞鶴かまぼこ(地域団体商標)
    厳重に品質をチェックした原料のみを使用した、舞鶴市産の蒲鉾。

舞鶴かまぼこ

持続可能な漁業で獲られた認証水産物(MSC認証)

水産資源の持続的な利用と環境に配慮した漁業にのみ与えられる認証であるMSC(MarineStewardshipCouncil)認証を取得した水産物。京都府では、底曳網漁業で漁獲されたアカガレイが認証されている。

MSCタグが付けられたアカガレイ

 

上記のブランド水産物の一部は、四季ごとに旬を迎える「丹後・旬のさかな」に指定されています。

お問い合わせ

農林水産部水産事務所

宮津市字小田宿野1029-3

電話番号:0772-25-0129

ファックス:0772-25-1532

suisanjimusho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?