ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 水環境の保全 > 水生生物で川の水質を調べよう

ここから本文です。

水生生物で川の水質を調べよう

府民の身近な水環境への関心を高め、主体的な環境保全の取り組みを広げるため、河川の水生生物の生息状況を調査して、河川の水質を判定する「身近な川の生物調査」(昭和59年度から開始)への参加者を毎年募集しています。全国では約6万人が参加しています。
毎年実施しているこの調査に是非参加して、身近な川の水質を直に体験してください。

※平成30年度「身近な川の生物調査」の参加お申し込みページ

インタビュー:参加者の声 New!

京都府では、「身近な川の生物調査」をより一層広め、多くの方々に水環境に興味を持っていただけるよう、長年調査にご参加いただいている団体にお話を伺い、生の声をお届けします!

過去10年間以上継続して参加されている団体はこの4団体です!
◆京都聖母学院中学校・高等学校サイエンス部
◆西京極児童館自然探検隊2004
◆くろべ水土里の会
◆光台里山クラブ
注※平成29年度までの参加状況で集計
[平成30年4月27日]
京都聖母学院中学校・高等学校サイエンス部の皆さんにお話を伺いました!
“授業で習って知っていた、川の上流下流での水環境の違いなどを実感できました。”
“どうすれば川の水を汚さずに生活できるのかを考えていきたいと思うようになりました。”
【詳しくは「インタビュー:身近な川の生物調査 参加者の声」をご覧ください。】

レポート:参加者の調査の様子

[平成26年9月10日]
京都市立葵小学校が実施された調査にお伺いしました。【調査の様子は「水生生物調査の様子(平成26年9月10日、京都市立葵小学校)」をご覧ください。
葵小学校

「身近な川の生物調査」とは

川にすむ生き物を採集し、その種類や数を調べることで、水質(水のよごれの程度)を判定する調査です。
京都府では例年夏期に参加者を募集しています。

調査方法の解説ビデオ(外部リンク)

 

なぜ水の汚れの程度が分かるのですか?

本調査では、29種の生き物が指標生物として選ばれています。
川の中に、これらの生き物が何種類すんでいるか調べてください。
すんでいる生き物の種類と数から、川の水のよごれの程度が4つのレベルのどの段階なのかがわかります。

どんな川で調べられますか?

調査を行う川は、大きくても小さくてもかまいませんが、水の深さが30cm位までで、流れのある(流速30~40cm/秒位)、川底にこぶしや頭位の大きさの石が多い場所で調査できるような川が適当です。
違う川、同じ川の上流と下流など、複数の場所を調査してみてください。
場所によって、すんでいる生き物が違うことがわかり、川をより深く知ることができます。

注※調査のために川に入る際には、水難事故に十分注意してください。

水難事故防止リーフレット(PDF:2,692KB) 水辺で安全に調査をするために(PDF:110KB)

誰でも参加できますか?

小学生でも参加できます。ただし、1人だけや子供だけでの調査は大変危険ですから、必ず大人の保護者を伴ったグループで調査してください。

 

水質階級の判定方法

本調査では、水質(水のよごれの程度)を4つのレベルに分けて、判定します。
採集した指標生物ごとに、配点ルールにより、点を加えていきます。
点数を合計し、最も点数が高かった水質階級をその地点の水質階級とします。

指標生物名

水質階級

1.ナミウズムシ
2.サワガニ
3.ヒラタカゲロウ類
4.カワゲラ類
5.ヘビトンボ
6.ナガレトビケラ類
7.ヤマトビケラ類
8.ブユ類
9.アミカ類
10.ヨコエビ類

左の指標生物を採取した場合は、
水質階級Iに1生物につき1点を加算

1.カワニナ類
2.コオニヤンマ
3.コガタシマトビケラビケラ
4.オオシマトビケラ
5.ヒラタドロムシ類
6.ゲンジボタル
(汽水域)
7.ヤマトシジミ
8.イシマキガイ

左の指標生物を採取した場合は、
水質階級IIに1生物につき1点を加算

1.タニシ類
2.シマイシビル
3.ミズムシ
4.ミズカマキリ
(汽水域)
5.イソコツブムシ類
6.ニホンドロソコエビ

左の指標生物を採取した場合は、
水質階級IIIに1生物につき1点を加算

1.サカマキガイ
2.エラミミズ
3.アメリカザリガニ
4.ユスリカ類
5.チョウバエ類

左の指標生物を採取した場合は、
水質階級IVに1生物につき1点を加算

採取した指標生物の中で、発見数が多い上位2種(同数の場合は3種)は、さらに1点を加算します。

水質階級I~IVが示す環境

 

水質階級

環境

水質階級I
(きれいな水)
上流域の渓流環境
水質階級II
(ややきれいな水)
栄養塩の流入がある中流域の環境
水質階級III
(きたない水)
河口域の汽水域、または周辺に豊かな自然が残る田園環境、川の水位変動により本流とつながったり、取り残されて溜まり水(池)になる環境
水質階級IV
(とてもきたない水)
たいへん汚れた水

 

調査結果

環境省により全国状況がまとめられるほか、京都府内の調査結果はホームページや京都府環境白書に掲載しています。

お問い合わせ先

京都府環境管理課水質担当
電話:075-414-4711

 

関連情報

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境管理課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

kankyoka@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?