ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府丹後広域振興局 > 丹後土木事務所 > 冬期路面監視カメラの運用開始について

ここから本文です。

丹後広域振興局

冬期路面監視カメラの運用開始について

インターネットを利用し、パソコンや携帯電話で京都府北中部地域40箇所の積雪状況等の現地画像の情報提供されています。

お出かけの際などに有効に御活用下さい。

  • 積雪等によって通行困難となる峠部等40箇所に路面監視カメラを設置しています。
  • 15分間隔で撮影した現地画像(固定方向静止画)を京都府道路情報提供システムにより情報提供します。
  • インターネットを利用し、パソコンや携帯電話で任意箇所の画像を閲覧可能です。
  • 画像の提供は、除雪期間(12月1日から翌年3月15日まで)を対象とします。
  • 冬用装備の着用等、走行時の注意喚起を促し、道路交通の安全確保を図ります。

京都府道路情報提供システム

PC版

携帯電話版

道路利用者へのお願い

  • 積雪や凍結時及び峠道の走行には、必ずスタッドレスタイヤやタイヤチェーン等の冬用の装備をして走行していただきますようお願いします。
  • 除雪作業をスムーズに実施するため、路上駐車等がないよう御協力をお願いします。

関連項目

お問い合わせ先

丹後土木事務所 施設保全室 ダイヤルイン電話 0772-22-3245

お問い合わせ

丹後広域振興局建設部 丹後土木事務所

宮津市字吉原2586-2

ファックス:0772-22-3250

tanshin-do-tango@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?