ここから本文です。

山城広域振興局

妊娠・出産

山城北保健所では、母子保健の専門的・二次的な行政機関として、妊娠前から出産までの以下のような保健サービスを行っています。ご利用希望の方はお気軽にお問い合わせください。

妊娠・出産に関わる保健サービス

特定不妊治療費助成

京都府では、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受ける方の経済的負担を軽減するため、高額な治療費がかかる配偶者間の治療に要する費用の一部を助成しています。

詳しくは不妊に悩む方への助成事業等についてをご覧ください。

なお、保険適用の不妊治療・人工授精及び不育症治療への助成(一般不妊治療)は、お住まいの市町にご相談ください。

注)京都市内にお住まいの方は、京都市へお問い合わせください。

先天性代謝異常等検査

知らずに放置すると、やがて神経障害や、生命にかかわるような障害が発生する可能性のある生まれつきの病気を早期に発見し、治療に結びつけるための検査です。検査は、出産した医療機関等で、赤ちゃんが生まれて4~6日目に足の裏からごくわずかの血液をとって行われます。対象は、すべての新生児となります。赤ちゃんのために、ぜひ検査を受けてください。

検査を受けるには

医療機関に備え付けの申出書に必要事項を記入し、お申し込みください。

結果の連絡

万一異常の疑いがある場合は、医療機関からご連絡します。精密検査を受けられる際には、精密検査受診票をお送りしますので、山城北保健所へご連絡ください。

特に連絡がない場合は、1か月健診などで結果をお知らせします。(医療機関によって取り扱いが異なることがあります。)

この検査のための費用

検査料:無料(公費負担)

採血・指導料:個人負担

注)ただし、所得等により、採血・指導料が公費負担される世帯があります。下記をご確認のうえ、該当される場合はお住まいの地域の保健所に申請してください。申請後、無料受検票が交付されます。

先天性代謝異常等検査の無料受検票の申請のご案内(PDF:113KB)

先天性代謝異常等検査の無情受検票の申請書(PDF:57KB)

妊娠中毒症等療養援護

妊娠中毒症などにり患している妊産婦が早期に適正な療養が受けられるために医療費の一部が公費負担されます。所得制限、申請できる期限などが決められていますので、該当される場合は速やかに御相談ください。

妊娠中毒症等療養援護費の支給について(ご案内・申請書)(PDF:402KB)

妊娠中毒症等療養援護費支給事業(外部リンク)

その他

京都おもいやり駐車場利用制度風しん抗体検査の無料実施についても実施しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山城広域振興局健康福祉部 山城北保健所

宇治市宇治若森7-6

ファックス:0774-24-6215

yamashin-ho-kita-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?