ここから本文です。

中丹広域振興局

特定不妊治療

特定不妊治療費助成事業

京都府では、特定不妊治療(体外受精、顕微授精)やその過程で行われる男性不妊治療を受けられた御夫婦の経済的負担の軽減を図るため、その治療にかかった費用の一部を助成しています。

詳しくは「制度案内リーフレット」をご参照下さい。

制度案内リーフレット

●助成対象となる治療・対象者

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた方で、治療期間の初日における妻の年齢が42歳以下の夫婦のうち、次の要件をすべて満たす方

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦であること。(治療開始時に婚姻していること)
  2. 指定医療機関で治療を受けていること。(他の都道府県、指定都市、中核市が指定する指定医療機関を含む)
  3. 夫又は妻のいずれかが申請日において府内(京都市を除く)に居住していること。
  4. 夫と妻の所得の合計額が730万円未満であること
    (注)※男性不妊治療のみの申請は730万円以上でも助成が受けられます。

申請期限

治療終了日の属する年度内

治療終了日

申請受付期間

平成31年4月1日から令和2年3月31日までに

治療が終了したもの

平成31年4月1日から令和2年3月31日まで

令和2年4月1日から令和3年3月31日までに

治療が終了したもの

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

注※治療終了後は早めに申請してください。

  • 年度末に治療が終了し、受診等証明書の交付に時間がかかる等、特別の事情がある場合は、事前に
    府保健所へご相談願います。
  • 初回申請を受けた後、それより前の治療分を遡って申請することはできません。
    なお、2回目以降の治療分の申請順序は問いません。

助成回数

最大10回

注※ただし、最大10回までの助成は京都府独自の制度となりますので、7回目(初回助成時の治療期間の初日における妻の年齢が40歳以上の場合は4回目)以降は、治療開始時から申請時まで京都府内にお住まいの方に限ります。

  • 京都市及び京都府以外の都道府県、政令市、中核市において受けた助成回数を含みます。
  • 次の方は、通算10回に満たない場合でも助成対象になりません

    1.治療期間に初日における妻の年齢が43歳以上である場合
    2.平成27年度までに通算5年助成を受けている場合

京都府内の指定医療機関

医療機関名

所在地

電話番号

京都府立医科大学付属病院 京都市上京区河原町広小路上る梶井町465 075-251-5111
京都大学医学部付属病院 京都市左京区聖護院川原町54 075-751-3111
医療法人財団足立病院 中京区東洞院通二条下る 075-221-7431
医療法人田村秀子婦人科医院 中京区御池通柳馬場西入る御所八幡町229 075-213-0523
IDAクリニック 山科区安朱南屋敷町35ラクトD6F 075-583-6515
医療法人倖生会身原病院 西京区上桂宮ノ後町6番地の8 075-392-3111
醍醐渡辺クリニック 伏見区醍醐高畑町30-15 075-571-0226
★他の指定医療機関一覧は、下記の厚生労働省のページから確認できます。

指定医療機関一覧(外部リンク)

注※府外の医療機関で受けた治療についても助成を受けることができます。

申請時提出書類

次の書類に添付書類を添えて府保健所に提出してください。

必要書類

確認内容

初回申請

2回目以降

特定不妊治療費

助成事業申請書

所定様式、本人記入

1回の治療につき1枚必要です。

特定不妊治療

助成事業

受診等証明書

所定様式、医療機関記入

同上

男性不妊治療専用

所定様式、医療機関記入

医療費の領収書原本
  • 医療機関から発行されたもの
  • 治療費の明細がわかるもの

注※原本を確認した後に返却をしますので、

確定申告をされる場合は、この助成金の

申請後に行ってください。

住民票
  • 発行後3ヵ月以内のもの
  • 世帯全員のもの
  • 前住所の記載のあるもの
  • 世帯主との続柄の記載があるもの
  • マイナンバーの記載は不要
  • 夫婦で住所地が異なる場合は、夫・妻二人分

戸籍謄本(戸

籍全部事項証明書)

又は

戸籍抄本(戸

籍個人事項証明書)

  • 発行後3ヵ月以内のもの
  • 抄本の場合は夫・妻二人分

(注)

市町村・府民

税課税証明書

(非課税証明書)

  • 夫と妻の二人分
  • 控除額の明細がわかるもの

注※所得証明書、課税決定通知書等は不可

(注)住民票で婚姻関係が確認できる場合は、2回目以降省略できます。ただし、世帯が異なる場合や住民票で確認できない場合は、戸籍謄本の提出が必要です。

様式は下記をダウンロード(両面印刷)してお使いください。

 

★一般不妊治療、不育治療等への助成に関してはお住まいの市町村へお尋ね下さい。
福知山市在住の方は下記リンクをご参照下さい。
福知山市不妊治療等助成事業(一般不妊治療、不育治療等)(外部リンク)

保健所連絡先

中丹西保健所保健課(健康・母子保健支援係)

TEL:0773-22-6381

ページの先頭へ戻る

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中丹広域振興局健康福祉部 中丹西保健所

福知山市篠尾新町一丁目91

ファックス:0773-22-0429

chushin-ho-nishi-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?