トップページ > 暮らし・環境・人権 > 府営住宅・補助優遇制度・耐震・住宅防災 > 京都府の住宅行政 > 住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(住宅セーフティネット法)について

ここから本文です。

住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(住宅セーフティネット法)について

住宅セーフティネット法について

  • 平成29年10月に「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(住宅セーフティネット法(PDF:319KB))」が改正され、『新たな住宅セーフティネット制度』が創設されました。
  • 新たな住宅セーフティネット制度では、『住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度』、『登録住宅の改修や入居者への経済的支援』、『住宅確保要配慮者のマッチング・居住支援』等の措置を講ずることにより、住宅セーフティネット機能の強化を図ることを目的としています。

注1) 住宅確保要配慮者とは、高齢者、低額所得者、子育て世帯、障害者、被災者等の住宅の確保に特に配慮を要する者をいいます。
注2) 法律及び制度の概要はこちら(PDF:99KB)をご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ

建設交通部住宅課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5359

jutaku@pref.kyoto.lg.jp