ここから本文です。

認知症・高齢者虐待・身体拘束

京都府では、認知症高齢者に関する対策、問題が潜在化しがちな高齢者虐待の防止、介護保険制度で禁止されている身体拘束の廃止など、適正かつ円滑な介護・福祉サービスを提供するため市町村と連携し、地域包括支援センター、介護支援専門員(ケアマネジャー)、その他介護保険事業者等を支援するとともに、地域の関係団体や組織等の連携強化によるネットワーク体制の構築に取り組むことで、高齢者に対するケアの質の向上を図り、高齢者の自立を支援しています。

認知症

認知症に関する基本的知識、各種相談窓口、京都における認知症対策に係る取組に関する情報は、認知症のポータルサイト「きょうと認知症あんしんナビ」に掲載されていますので、ご覧ください。
きょうと認知症あんしんナビ(外部リンク)

 

認知症に関する電話相談窓口

京都府認知症コールセンター

  • 電話番号 0120-294-677(フリーダイヤル)
  • 相談日時:平日(月曜日から金曜日)の10時00分から15時00分
    注※土曜日、日曜日、祝祭日、お盆(8月13日から8月16日)、年末年始(12月27日から1月5日)を除く
  • 相談料:無料
  • 相談員:認知症介護経験者(「公益社団法人 認知症の人と家族の会」京都府支部の会員)

京都府若年性認知症コールセンター(65歳未満の方)

  • 電話番号0120-134-807 (フリーダイアル)
  • 相談日時:平日(月曜日から金曜日)の10時00分から15時00分
    注※土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く
  • 相談料:無料
  • 相談員:京都府若年性認知症支援コーディネーター

 その他認知症に関する相談窓口

認知症にやさしい異業種連携協議会

高齢者や認知症の方に身近なサービスを提供する企業が異業種連携により認知症にやさしいモノやサービスを検討しています。

詳細な情報はこちらから

認知症リンクワーカー

認知症の人やその家族の不安に寄り添い、必要なサポートを行える専門職(認知症リンクワーカー)を養成することにより、各市町村における重層的かつきめ細やかな認知症初期支援体制の構築支援を行います。

高齢者虐待

身体拘束

介護保険制度が平成12年4月にスタートしたことに伴い、介護保険施設等では、入所している高齢者の行動を制限する身体拘束などの行為が禁止されました。

身体拘束に関する相談窓口

京都府では、身体拘束に関する相談窓口を設置しています。どなたでもお気軽にご相談ください。
電話 075-414-4590(京都府高齢者支援課内)
受付時間 月曜日~金曜日/9時00分~17時00分(祝日を除く)

各種相談窓口

高齢者やそのご家族の方を手助けするために、上記の相談窓口のほかにもさまざまな機関があらゆるご相談に応じています。


お問い合わせ先
京都府健康福祉部 高齢者支援課
〒602-8570
京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町(京都府庁第1号館4階)
電話 075-414-4570075-414-4674
ファックス 075-414-4572
Eメール koreishien@pref.kyoto.lg.jp

シルバー・インフォメーション(高齢者のための府政ガイド)