ここから本文です。

特定不妊治療にかかる通院交通費の助成について

体外受精・顕微授精を受けた方の経済的負担をさらに軽減するため、通院にかかる交通費の一部を助成します。

制度案内リーフレット

特定不妊治療にかかる通院交通費助成のご案内(PDF:608KB)

1.通院交通費助成の対象者

下記の要件を全て満たす夫婦が対象となります。

  1. 「京都府特定不妊治療費助成金」の対象となる夫婦
  2. 令和2年10月1日以降の下記医療機関への通院について、
    1回の治療にかかった通院交通費の合計額が1万円を超える夫婦
  • 指定医療機関
  • 指定医療機関からの紹介等を受けて、投薬や注射等のために通院する医療機関
  • 指定医療機関からの紹介等を受けて、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術
    (男性不妊治療)のために通院する医療機関

注1「1回の治療」とは、採卵準備のための投薬開始から体外受精又は顕微授精1回に至る治療の過程をいいます。

注2最も経済的な通常の経路及び方法(原則、公共交通機関)を利用した場合の通院交通費の合計額が1万円を超える方が対象です。自家用車を利用された場合においても、公共交通機関を利用された場合の通院交通費を基準として、助成の可否を判断させていただきます。

注3治療を受ける本人の通院のみを対象とし、同行される方の通院は対象となりません。

2.対象となる通院交通費

  • 令和2年10月1日以降の治療(通院)が対象となります。

 

1回の治療期間

通院交通費助成の対象

例1

令和2年9月30日~令和3年4月30日

通院した日のうち、
令和2年10月1日以降の通院のみが助成の対象

例2

令和3年4月1日~6月30日

全て助成の対象

  • 下記の場合には、「治療を受けるための通院」とはいえず、通院交通費の対象となりませんので
    ご注意ください。

    (1)配偶者の治療への同行
    (2)薬を受け取るためだけの来院
    (3)支払のためだけの来院
    注※医療機関が治療上必要な通院であると証明した通院については、助成の対象となります。

3.通院交通費の助成額

助成額
=(1回の治療にかかった通院交通費の合計額(※)-10,000円)×2分の1
=(1日の通院交通費相当額×通院回数(※)-10,000円)×2分の1

(※)通院交通費の合計額は、妻の特定不妊治療と、夫の男性不妊治療の通院交通費の合計額を指します。

<注意点>

  • 最も経済的な通常の経路及び方法により通院した場合の費用を基準とします。
  • 自宅以外の場所からの通院の場合には、『自宅~医療機関』の通院交通費のうち最も大きいものを助成対象の片道上限額とさせていただきます。

4.申請の方法

  • 治療終了後、「京都府特定不妊治療費助成金」の申請書類に加えて、下記の必要書類を、最寄りの府保健所へ提出してください。
  • 可能な限り、「京都府特定不妊治療費助成金」と申請と同時に申請してください。
    やむを得ない場合は通院交通費助成金の申請を後日に行うことも可能です。
  • 「通院交通費助成金」の交付決定及び支払は、「京都府特定不妊治療費助成金」の交付決定以降に行います。同時に申請いただいた場合でも、助成金の支払は別日となりますので、ご了承ください。
  • 通院交通費助成金の申請を行う場合には、申請が同時か後日かに関わらず、「特定不妊治療費助成事業申請書(第1号様式)」の「通院交通費助成金の申請(予定)」欄で「有」を選択し、提出をお願いします。

提出書類

  必要書類 注意事項
1 特定不妊治療通院交通費
助成金交付申請書(第1号様式)
・1回の治療につき1枚必要です。
2 (ア)通院証明書(第5号様式)
または
(イ)医療機関から発行された
領収書の写し

(ア)の場合
・所定様式に医療機関が記入してください。

・1回の治療につき1枚必要です。

(イ)の場合
・治療期間の最終日に発行される領収書上(あるいは別紙)に
 「全ての通院日」及び「通院した方の氏名」が「メモ書き」され、
 かつ医療機関の押印があるものに限ります。

・「治療費助成金」と同時申請でない場合は、「治療費助成金」の
 申請の際に領収書の原本もしくは写しをお手元に残しておき、
 「通院交通費助成金」の申請時に添付してください。

3 通院状況申告書 ・1回の治療の中で、通院する医療機関や通院経路が異なる通院日が
 ある場合には、それぞれで作成いただき、複数枚を提出してください。
4 その他の添付書類 ・ETC利用証明書やクレジットカード利用明細書等、「通院交通費の計算方法について」に記載する添付書類を添付してください。

申請様式のダウンロード

1.特定不妊治療通院交通費助成金交付申請書(第4号様式)

2.通院証明書(第5号様式)

3.通院状況申告書

申請期限

治療が終了した年度内(3月31日まで)

注※治療終了後は早めに申請してください。3月に治療が終了し、証明書等の準備に時間がかかる等の事情がある場合は、事前に最寄りの府保健所へ御連絡の上、5月末まで申請が可能です。

 

5.通院交通費の計算方法について

下記リーフレットの「通院交通費の計算方法について」をご確認ください。

特定不妊治療にかかる通院交通費助成のご案内(PDF:608KB)

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(母子保健係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp