ここから本文です。

有給休暇について

有給休暇とは

「有給休暇」とは、所定の休日以外に、仕事を休んでも賃金を支払ってもらえる休暇のことで、勤続年数や出勤状況によって取得できる日数が決められています。

付与日数

労働者が、6ヶ月以上継続勤務し、全所定労働日の8割以出勤した場合、原則として10日の有給休暇を与えなければなりません。
また、その後継続して勤務した者に対しては、勤続年数に応じた付与日数が加算され、最高20日まで認められます。

時季変更権

使用者(会社)は、その有給休暇の取得により、事業の正常な運営が妨げられる場合には、取得時季を変更することができます。

パートタイマーの有給休暇

パートタイマーにも適用要件を満たせば有給休暇は付与され、労働時間や労働日数により付与日数が決まります。

 

1.週所定労働日数が5日以上(年217日以上)または週所定労働時間が30時間以上の労働者
有給休暇付与日数
勤続年数 6ヶ月 1年6ヶ月 2年6ヶ月 3年6ヶ月 4年6ヶ月 5年6ヶ月 6年6ヶ月
日数 10 11 12 14 16 18 20

 

2.週所定労働日数が4日以下かつ週所定労働時間が30時間未満の労働者

有給休暇付与日数
  勤続年数
週所定労働日数 年間所定労働日数 6ヶ月 1年6ヶ月 2年6ヶ月 3年6ヶ月 4年6ヶ月 5年6ヶ月 6年6ヶ月
4日 169~216日 7 8 9 10 12 13 15
3日 121~168日 5 6 6 8 9 10 11
2日 73~120日 3 4 4 5 6 6 7
1日 48~72日 1 2 2 2 3 3 3

 

有給休暇制度の注意点

  • 有給休暇の請求権は、2年の間に行使しないと時効によって消滅します。
  • アルバイト、派遣社員に対しても、適用要件を満たしていれば、有給休暇は付与されます。

有給休暇の取得義務

お問い合わせ

労働委員会事務局 

京都市上京区出水通油小路東入丁子風呂町104-2府庁西別館内

ファックス:075-414-5737

kyoroi@pref.kyoto.lg.jp