ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > きょうと健康づくり実践企業認証制度

ここから本文です。

きょうと健康づくり実践企業認証制度

新着情報

きょうと健康づくり実践企業認証制度って?

教えてください!あなたの企業の健康づくり!
京都府では「きょうと健康づくり実践企業認証制度」として、職員のがん検診受診率の向上や健康づくりに取り組む企業を認証し、その取り組みを公表しています。

■認証されると?

職員の健康づくりを考え、実践する企業としてアピールしませんか。
きょうと健康づくり実践企業ロゴマーク京都府がそれを認証し取り組みを公表します。認証を受けた企業は、府の認証マークをホームページや製品、名刺、広告などに使用することができます。また、毎年度、特に優秀な取り組みを実践されている企業には、知事から表彰があります。

平成29年度に表彰された企業

最優秀賞

株式会社環境総合テクノス 宮津事業所

優秀賞

三共精機株式会社
社会福祉法人 伊根町社会福祉協議会
ナガセケムテックス株式会社 福知山事業所
NISSHA株式会社

特別賞

オムロン ヘルスケア株式会社
株式会社 カシフジ
有限会社パイン・コーン

認証を受けたそれぞれの企業の詳しい紹介について

認証の基準と申請方法について

認証基準の要件を満たしている事業所を「きょうと健康づくり実践企業」として認証します。 
平成31年4月1日から認証基準が変更になりましたので、御注意ください。
※平成31年3月31日時点で認証済みの事業所は、平成32年3月31日まで認証は有効です。

認証基準

1 次の(1)~(6)の6項目のうち、4つ以上の項目に該当していること

(1)労働安全衛生法に基づく健康診断を実施しており、40歳以上の常勤従業員の健康診断の結果について、特定健診・特定保健指導法定報告に必要な項目を医療保険者へ提供していること

(2)厚生労働省が推奨する5種類のがん検診(肺がん検診、大腸がん検診、胃がん検診、子宮頸がん検診、乳がん検診)のうち、4種類以上の検診について、常勤従業員の受診率が50%以上であること

(3)健康づくりに関する取り組みが継続して実施され、次のいずれかの事項において成果を挙げていること

・健康づくりに関する取り組みが組織的に行われ、運営が円滑に営まれていること
・健康づくりに関する普及啓発活動が積極的でかつ定期的であること  

(4)地域の自治体、社会福祉協議会、NPO法人など各種団体と連携した地域健康活動に取り組んでいること(事業所として、活動に参加している、自治体が実施するがん検診を活用しているなど)  

(5)従業員の退職前・退職時に健康づくり指導を実施していること(健康診断の継続的な受診、健康増進やフレイル予防の取り組み勧奨、居住地域における健康づくり教室の参加勧奨など)

(6)企業内に従業員の健康づくりを推進する担当者を設置していること

2 健康増進法に基づく受動喫煙防止対策の必要な措置を講じていること

3 過去5年間に重大悪質な事案により法令に違反し、処分等を受けたことがないこと

認証期間

1年間(認証時期によって異なる場合があります。認証期間の詳しい説明について

申請期間

随時受付中。(平成31年度表彰対象締切は、平成31年12月27日(金曜日)必着です。)

申請方法

申請書及び調書に添付資料を添えて、持参又は郵送により提出してください。

提出先

京都府健康対策課または京都府保健所

(京都市内の事業所については、京都府健康対策課へ提出してください。)

認証基準や申請方法の詳しい内容について 

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?