トップページ > 産業・雇用 > 中小企業支援・海外ビジネス支援 > 京都府の産業支援について > 京都ものづくり部品相互融通プラットフォーム

ここから本文です。

京都ものづくり部品相互融通プラットフォーム

(京都府ものづくり振興課、公益財団法人京都産業21)

半導体、回路部品等の世界的な不足によって、装置関連を中心に府内製造業は大きな打撃を受けており、企業が必要な部品を入手できるよう、企業間での在庫部品の相互融通や調達力のある大手企業を通じた部品調達などを促進するため、令和4年4月より、公民連携により企業の垣根を超えて必要部品・在庫部品の情報を共有するプラットフォームを運用しています。

トピックス ポイント 参加メンバー 参加方法 問い合わせ

トピックス

【2022年9月26日】約300品目のリスト、約3,000点の部品(コネクタ、ICチップ等)の相互融通が進められています。今後、参画大手企業からも多くの在庫部品の提供が始まりますので、ご期待下さい!
 リスト

【2022年6月10日】提供事例・調達事例紹介:コネクタの提供も調達も(カトーテック様)

【2022年6月7日】調達事例紹介:制御基板用コネクタ(東洋レーベル様)

【2022年5月19日】融通に協力いただける企業が徐々に増えています!

【2022年4月15日】運用を開始しました!(PDF:225KB)

ポイント

  • 装置メーカー、試作請負中小企業など、わずかな量でも確保できれば助かるケースがあり、相互融通を促すものです!
  • 公民連携してプラットフォームを構築することで、融通に協力いただける企業が現れています!
  • 融通に協力いただける企業の機密を守るため、商社を介して円滑な流通を図ります!
    (在庫品故に品質保証はありません。試作用などでの用途が主だと考えています)

参加メンバー(例)

調達事例紹介

制御基板用コネクタ調達株式会社東洋レーベル カトーテック様

提供事例紹介

カトーテック様

 

参加方法

参加を希望する場合は、「参加意向シート(ワード:44KB)」を記入し、システムを運営する株式会社たけびし宛にメール送付してください。

送付先

株式会社たけびし 京都ものづくり部品相互融通プラットフォーム担当

送付先メールアドレス

monozukuri@takebishi.co.jp

留意事項

  • 京都府内に拠点を有する企業(製造業)に限ります。
  • 条件等によりご希望に添えないことがあります。

問い合わせ先

京都府商工労働観光部ものづくり振興課 TEL:075-414-4851(担当:足利、藤田)

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp