ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > ドクエン株式会社(京都企業紹介)

ここから本文です。

ドクエン株式会社(京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業等を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京都府の産業支援情報

常に独創的なエンターテインメントの創造に挑戦し、世界を少し明るくする

(掲載日:令和2年2月4日、聞き手・文:ものづくり振興課 岩橋)

ドクエン株式会社_タイトル

ドクエン株式会社(外部リンク)(京都市南区)の下村代表取締役、上之薗取締役にお話をお伺いしました。

元任天堂(株)社員が立ち上げた娯楽提供ベンチャー

―まず、御社の概要を教えてください。

下村)弊社は、任天堂(株)出身の私と当時の部下であった上之薗の2人で、2017年に立ち上げたベンチャー企業です。企業名の「ドクエン」は、弊社の経営理念である「常に独創的エンターテインメントの創造に挑戦し、これまで存在していない娯楽を提供することで、世界を少し明るくする」から「独」と「エン」を抜粋して名付けました。事業としては、まず第一弾として、リズムゲームとカラオケの協力プレイにより、皆で楽しむことができる「ゲームカラオケ」の提供を行っています。

下村代表取締役、上之薗取締役の紹介

新感覚!聞く側が暇にならない全員参加型のリズムゲーム×カラオケ=「ゲームカラオケ」

「ゲームカラオケ」ですか!面白そうですね。具体的にどのようなものなのでしょうか。

上之薗)歌っていない方にもリズムゲームで参加してもらう全員参加型の新感覚カラオケです。通常のカラオケでは、1.自分が歌う順番までの待ち時間が長い、2.歌う側も聞く側も場が白けないようにお互いに盛り上げようと気を遣う、3.聞く側が他のことをしているなどが、皆で楽しむことができない原因として挙げられるかと思いますが、これらは「聞く側が暇」ということが大きな要因かと思います。

―確かに無理に盛り上げたりして気疲れする場面もありますね(笑)。

上之薗)そこで私たちが提供するのが、聞く側が暇にならないリズムゲームとカラオケを組み合わせた「ゲームカラオケ」です。4台のプロジェクターと4面のスクリーンを組み合わせ、迫力ある映像と音に囲まれた空間で演奏していただきます。ライブ会場でのバンド演奏をイメージしていただければと思いますが、スクリーンには仮想のライブ会場を投影しておりまして、歌とリズムゲームで映像内の観客を盛り上げます。リズムゲームの指示に従って楽器型コントローラ(簡単な1つボタンのものと、少し難しい3つボタンのものの2種類あり)を叩いていただくことで、一緒に演奏を楽しむことができます。楽器が割り当てられていない方も映像中で手拍子をする箇所が何度もありますので、同じ会場にいる全員に役割が与えられ、協力して遊ぶことができます。

―なるほど。

上之薗)遊び方としては通常のカラオケのように1曲ずつ予約する「お試しモード」とライブ同様にセットリストを組んで演奏を行う「ライブモード」があります。ライブモードではセットリストに加えて、アンコール曲をセットし演奏を行います。歌とリズムゲームの合計点が一定の点数を超えていると映像内の観客が盛り上がり、アンコールをもらうことができますので、アンコール曲の演奏が可能となります。アンコールをもらえるように、歌う側もリズムゲームを行う側も協力して取り組む必要があり、ゲーム性が非常に高いので、皆で協力しながら楽しんでいただくことが可能です。また、「ライブモード」ではあらかじめセットリストを組みますので、曲間で選曲する時間や手間がなくなり、通常のカラオケでたびたび起きる雰囲気が白けてしまうといったこともありません。

ゲームカラオケの紹介1ゲームカラオケの紹介2

ゲームカラオケで遊ぶ様子

 

実際のプレイ動画はこちら

ゲームカラオケのプレイ動画(外部リンク) 

 

―(私もやってみました)実際にやってみると没入感がすごくあり、非常に面白いですね。私自身、音痴なので、皆に注目されながら歌う通常のカラオケが大の苦手なのですが、ゲームカラオケは歌い手に視線が集まらないので、そういう意味でも楽しむことができますね。

上之薗)そうなのです。ゲームカラオケでは、皆が同じ映像を見て協力しながら演奏しますので、人前で歌うことが苦手な人も気楽に歌うことができ、非常におすすめです。

―最近は職場の二次会等でもカラオケが敬遠されていると聞きますが、ゲームカラオケなら行くという方も出てくるかもしれませんね。現在はどちらに行けば、ゲームカラオケを体験できるのでしょうか。

上之薗)関西では「カラオケまねきねこ」なんばHIPS店(大阪)(外部リンク)に導入されていますので、皆さんぜひこの新感覚のゲームカラオケを試してみてください!

導入されている「カラオケまねきねこ」なんばHIPS店(大阪)

面白い娯楽をスピーディーに市場に提供

―皆さんぜひお試しください!さて、このような非常に面白いコンテンツを作ることができる御社の強みを教えてください。

下村)私と上之薗双方に言えることですが、任天堂(株)時代に培った商品開発・事業開発経験に加え、そこで培ったネットワークを活かして、スピーディーにコンテンツを作成できる点に強みがあると思っています。任天堂(株)でハード・ソフト双方の開発実績があり、家庭用ゲーム機の開発に携わっていた頃から、様々なアイデアを持っていました。ゲームカラオケもその一つです。そこで、任天堂(株)では全世界向け、エンドユーザー向けのゲーム開発を行ってきましたが、今回、国内向け、業務用のカラオケ機器の開発という新たな挑戦をするため、上之薗とともに「二人で実現しよう」と独立・起業するに至りました。現在は、娯楽の面白さの肝を決めるプロトタイプの制作までは私ども2名で行い、その後は当時に培ったネットワークを活かし、各分野の開発会社の協力を得ることで、スピーディーに市場に面白い娯楽を提供できる環境が整っています。

―今後もどんどん面白い娯楽を市場に提供してください。最後に今後の展望をお聞かせください。

下村)まずは国内のカラオケ店でゲームカラオケの導入店舗をどんどん増やし、より多くの人に楽しんでもらえるようにしていきたいと思います。その上で、カラオケ店にとどまらず、カラオケが導入されている高齢者施設、ホテル・旅館、ゲームセンターなどにも横展開していくほか、海外市場にも参入していきたいと考えています。ゲームカラオケ自体は競技性があり、対戦ゲームとしても活用できますので、将来的には海外市場への参入を足掛かりにe-sportにも採用されるようなものになればと思っています。「働き方改革」が脚光を浴び、余暇時間が増える昨今においてはエンターテインメントの需要は必ず伸びていきます。このような時代だからこそ、常に独創的なエンターテインメントを提供し、世界を少しでも明るくしていければと考えています。

今後の展開が楽しみですね!

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?