ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 株式会社Necusto (京都企業紹介)

ここから本文です。

株式会社Necusto (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京都府の産業支援情報

外国人観光客向け日本料理教室 Cooking Sun

(掲載日:平成29年1月4日、聞き手・文:ものづくり振興課 足利)

 株式会社Necusto(京都市下京区)の山本代表取締役様にお話をおうかがいしました。

珍しい外国人観光客向け日本料理教室

―まず、事業の概要を教えてください。

山本) 2013年に創業し、現在、外国人正社員を含む従業員8名で、下京区の町家で「Cooking Sun」という外国人観光客向け日本料理教室と「Next Japan Travel」というインバウンドのランドオペレーターに特化した旅行事業など、インバウンド観光事業を営んでいます。

 

―そもそも旅行客が料理教室に行く習慣と言いましょうか、そういうものがあるのですか?

山本) 欧米においては海外旅行の際にクッキング教室に行くというのは、既によく行われているアクティビティです。日本国内でも自宅を使って個人事業として提供されているケースはありますが、当社のように会社体制で本格的に展開しているところは珍しいと思います。トリップアドバイザーでも結構取り上げていただいており、月に数百名のご利用があります。

―すごいですね。Cooking Sun の具体的な内容はどういったものですか?

山本) 日本の一汁三菜の家庭料理をということで、午前は「Bento Style」として、巻きずし、照り焼きチキン、てんぷら、みそ汁などでして、午後は3か月ごとに内容を変えておりますが「Izakaya Style」としています。講師には京都の有名老舗料亭で修業を積んできたシェフも加わっておりますが、「英語のできる主婦」を中心としたプロ講師陣が、単に料理を教えるというよりも、日本の暮らしや文化を会話しながら楽しんでいただけるようにというコンセプトです。お客様には作務衣を着ていただき、町家の風情も満喫していただき、料金は7,500円(3.5時間)です。お客様はほぼ英語圏の旅行者ですね。

 

東京から京都へIターン起業

―さて、起業されるまでの経過について教えてください。

山本) もともと政策提案を通じて日本を導いていきたいという思いがあって、日本の経済三団体の一つである公益社団法人経済同友会に勤務していました。そこで、すごい経営者の方々と接しているうちに、自分も経営者として日本を動かしていければという思いが芽生えてきました。そこで、ファイザーに入社し、営業の経験を積みました。

―世界一のメガファーマですね。製薬会社や医療機器業界の営業って、なかなかハードなイメージがありますが。

山本) そうですね、かなりのものでしたね(笑)。そうして修行を積んで、次にいよいよ起業の準備をということで、2013年1月からビジネススクールに通いました。そうしながら、起業のアイデアを得たくてグーグルでインターンをするなどもしましたが、株式会社ナガセ主催の企業コンペに合格し、インバウンドの料理教室のアイデアが認められ、出資もいただけることとなり、同じ年の12月には京都に来ていました。

―まず、「料理教室」というアイデアにはどうやって行きつかれたのですか?

山本) 私自身、留学経験もあるのですが、経済同友会で働いていた頃から、英語の勉強がしたくて、よく都庁展望台を見物に訪れる外国人に話しかけたりしていました。しかし、ちょっと怪しいですし(笑)、なかなかうまくいきません。そういう記憶があって、料理教室なら自然な形だし、日本料理には外国人も関心が高いはずだということで思い至ったのです。

―「京都」へ来られたのはどうしてですか?

山本) 私の奥さんに「どこ行く?」と聞いたら、京都好きの彼女が即答で「京都」と。私は東京がいいなと思っていたのですが(笑)。

―Cooking Sun や会社名Necustoの由来はなんでしょう?

山本) Cooking Sunの「Sun」は、外国人を意識して、「日出づる国」Land of the Rasing Sunの「Sun」です。また、Necustoは、「新しい(次の=Next)日本を作る一助になろう」という思いを込めて、Nextを日本語読みにしたものです。GoogleやYahooも、本来は何て読むのか分かりにくい綴りですが、これだけ有名になったら誰もが読み方を知っているものです。そういうものになりたいという思いもありますね。

インバウンドの概念を変える!

―最初の頃は集客面で苦労されたとお聞きしていますが、現在は業績も右肩上がりだとお聞きしています。今後の展望はいかがでしょう。

山本) まず、今年10月にはCooking Sunを東京でも始めました。京都に続き、こちらも伸ばしていきたいですね。こちらでは「Wagyu Kaiseki Class」と「Sushi Class」を展開しています。

 

―なるほど。

山本) また、「Next Japan Travel」に関しては、旅行の概念を、「消費」するものではなく「投資」するものへと変えていきたいと思っています。例えば、仏教を学ぶなど、学びを通じて自分に投資をするとか、サイクリングツアーなど、自分の健康に投資するとかいったようなことですね。

 

夢が広がりますね!今後の展開が楽しみです。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?