ここから本文です。

タオさん(みんなの京都)

グローバル・エコシステム形成プロジェクトの一環で、京都で住まう、働く海外出身の皆さんの実情を紹介する「みんなの京都」です。

みんなの京都 京都府の産業支援情報

育ててくれた街・国に恩返しを!

(2023年5月17日更新、ものづくり振興課 足利)

タオさん

ベトナムからいらっしゃって、「米国大学生インターンプロジェクト」を共に進めている、CRCC Asiaのタオさんにお話をおうかがいしました。

ベトナムは留学も英語も当たり前

--今、社会人1年生ということですが、まず、日本にいらっしゃった経緯から教えて下さい。

タオさん)アメリカへの留学を思い描いてきたのですが、先輩から立命館アジア太平洋大学(APU)の話をお聞きして、そちらへの留学に決めました。

--ふむ。そもそも「留学」という選択をされたのはなぜなのですか?

タオさん)ベトナムでは海外留学が人生の大きなステータスとなっています。後々の仕事、収入が大きく違ってくるからです。だから、成績が優秀な人は、国内の大学ではなく海外の大学を目指すのです。

--そうなのですね!たしかに日本でも、東大京大ではなく海外の大学へ、という人を以前より見かけるようになりました。

タオさん)APUにはインドネシアの方もたくさんいたのですが、インドネシアでは、海外留学に国がスポンサーとなる制度があるとも聞きましたよ。

--留学ではなく起業家の海外展開時の支援だったかもしれませんが、台湾でも同様に国が後押ししていると聞いたことがあります。「国の宝」を育てるため、長期的目線に立った政策を作られていることに感心します。

タオさん)ベトナムでは、多くの人が留学するので、そういう資金支援はありませんでしたけど、選択肢として当たり前になっています。

--留学先として人気の国はどこなのですか?

タオさん)アメリカ、カナダあたりですね。英語が話せるかどうかも、仕事や収入に大きな影響を与えるので、重要なのです。

--その緊張感の違いですかね、日本がダメなのは(笑)。さて、そんな中、APU自体の魅力もあるでしょうが、なぜ日本に?

タオさん)英語は既に話すことができたので、次は日本語を学びたいというのもありましたね。

--入試はどうでした?

タオさん)小論文では将来の夢を書いたと思いますが、何を書いたか忘れてしまいました(笑)。

日本の魅力は湯船がある、忘れ物が返ってくる、カップ麺のシール

--日本で困ったことは?

タオさん)歩くことが多い。電車も人が多い。

--ベトナムはみんなバイクに乗ってますもんね。

タオさん)ベトナムの時には、毎日100歩以内でしたけど、日本では4000歩になりました。

--それくらい普通でしょ(笑)。日本の暮しはどうですか?

タオさん)お風呂で湯船に浸かるのはいいですね!ベトナムではシャワーだけです。APUのある別府は温泉の街で最高でした!

--ほう!

タオさん)あとは、夜でも安全。

--ベトナムも、昼間暑いからでしょうけれど、夜になってから夕涼みで、子どもも含めてみんな夜遅くまで外にいるイメージですけど(笑)

タオさん)そうですけれど忘れ物が返ってくるところもすごいです。日本に来て、忘れ物をして返ってこなかったためしはありません。

--そうなのですね。

タオさん)あと、便利というかきめ細かいですね。電車以外は(笑)。例えば、『カップヌードル』のカップのそこに、蓋を閉めておくために便利なシールがちゃんと付いていたり・・・

--おお!

タオさん)コンビニのおにぎりに、包装の取り方、海苔の巻き方の3つほどのステップがわかりやすく書いてあったり。ベトナムにもコンビニのおにぎりはあるのですが、ああいう表示はないです。

見えないビジネスルールとハンコが多い日本

--えっ?!そうなのですか!いいですね、日本(笑)。一方、外国人の方々が異口同音に困ってらっしゃるというのが、日本のビジネスマナーなのですが、いかがでしょう?

タオさん)このインタビューを受けるにあたって、友達の、東京の大手企業に勤めている子に聞いてみました。新人が職場のごみ集めをしなければいけないといった「見えないルール」に最初、外国人は苦労しますね。

--そういうの、よく聞きます、すみません(笑)

タオさん)あと、1分でも遅刻したら、ものすごく怒られるとも言っていました。

--それも、「日本人は優しいけど、仕事になると鬼のように厳しくなる」とおっしゃった方がありました。

タオさん)あとは、意思決定に時間がかかる。ハンコが多いということですね。

--えっ?それは組織が大きくなったら、当たり前じゃないですか?

タオさん)海外では、現場のマネージャーに任されているケースが多いですから、意思決定が早いです。

--なるほど!逆にベトナムの良いところは?

タオさん)みんなカジュアルですね。格好は特に、暑いから、ラフです。

日本食の可能性-- 冷たいもの、オーガニック、居酒屋スタイル、かわいい包装紙

--格好も、職場の雰囲気の大きな要素という点では重要ですね。さて、「日本食」はどうでしょう?

タオさん)輸出に関しては、ベトナムでは既に「寿司」「たこやき」「ラーメン」が人気ですよ。ベトナムで見かけないものでは、「もつ鍋」「ざるそば」は人気出るんじゃないですかね。味がついている豆乳飲料もいいですし、暑い国なので「冷麺」は特にいいかも!

--ナイスヒント!

タオさん)抹茶も大人気ですね。抹茶アイスはみんな大好きです。オーガニックの人には抹茶がウケルと思います。

--まあ、本当は農薬用いて高い品質を出しているというのが一般的ですけどねえ。お菓子はどうですか?

タオさん)タピオカは食べますけど、スナック菓子とかあまり食べませんねえ。屋台の串カツみたいなのが、お菓子替わりですから。アイスクリームは韓国メーカーのものがたくさん入っています。でも、日本のお菓子の「包装紙」はとてもかわいいと思います!

--この「食の世界便」のリストの中でしたら、どうですか?

タオさん)そうですねえ・・・、冷凍ベビーカステラも、アニメのもいい感じです。どれもいい感じですが、特に、このオーガニックの野菜スープがいいですね!

--おお!一方で、インバウンドというか、日本で食べてていいなと思うものは?

タオさん)焼肉!(笑)

--肉食ですね(笑)

タオさん)あと、「居酒屋」はいいですね。見た目も日本的だし、いろんな料理が食べられるので、コンビニ的です。居酒屋スタイルは外国人にウケると思うのですが、外国語対応されているところが少ないのが残念です。

育ててくれた街に恩返し、育ててくれた国を繋ぐ

--いいヒントいただきまして、ありがとうございます。最後に将来の展望についてお聞きします。

タオさん)CEOになりたいです。

--CEOになってどんなお仕事をしたいですか?

タオさん)日本とベトナムのブリッジになりたいです。

--留学された方は、普通皆さんどうされるのですか?

タオさん)留学先の国で就職して、そのままその国で・・・か、やがてベトナムに帰国するか・・・ですね。

--ではタオさんが、日本で住むとしたら、どこがいいですか?

タオさん)別府がいいですね!

--関西と違うんかい~!!(笑)

タオさん)満員電車もない、人も少ない、温泉がある(笑)

--ですね(笑)

タオさん)何より、別府に恩返しがしたいですね。別府の街って、APUへの理解があって皆さん温かかったのですよ。

--それは重要な視点ですね。街に理解があって、育ててくれたと思ってもらえるというのは。大変勉強になりました。ありがとうございました。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp