ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 京都こだわり食材試食商談会(2019年3月)リポート

ここから本文です。

京都こだわり食材試食商談会(2019年3月)リポート

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音別) 京の食 京都府の産業支援情報

kyokodawari201903 foodexJapan2019京の食ブース出展

3月15日(金曜)、東京のWACCA池袋5Fの「もうひとつのDaidokoro」にて、「京都こだわり食材試食商談会」が開催されました(主催:京都産業21、協力:京都府)。

画像:WACCA 

 

先週のFOODEX JAPAN 2019の「京の食」ブースに出展された15社と、バイヤーとの商談会ですが、今回、人気料理家/フードコーディネーターのSHIORIさんに、この15社の食材を使ったオリジナルメニューを作っていただき、トークショー形式でバイヤーに試食いただいた後、商談を行うというチャレンジングな会なのです。

 

SHIORIさんは、その著書「作ってあげたい彼ごはん」がシリーズ累計340万部を超えるベストセラー! 「若い女の子にもっと料理を楽しんでもらいたい」をモットーに、女性ファッション誌をはじめ、テレビ、広告、イベント、企業コラボなど活動の幅を広げ、若い女性を中心に高く支持されてらっしゃいます。

1品目は、「山椒ラー油の辛味つけそば」(伍八山椒堂さんの「山椒のラー油黄金唐辛子」と、やくの農業振興団さんの「蕎麦」)。付け合わせは、fujitakaさんが出展されている京どうふ藤野さんの「介護食 豆腐」と、食一さんの「カタボイワシの酢〆」です。

ラー油と蕎麦、絶妙に合っててむちゃむちゃ旨い!!!

 

続いて、「ちりめん山椒のチーズトースト」(アンデさんの「デニッシュ食パン」と、伍八山椒堂さんの「ちりめん山椒はんなり」)。付け合わせは、丹波ワインさんの「ワイン」と、たにぐちさんの「堀川ごぼうチップス」です。

こちらも、パンと山椒という絶妙なハイブリッドがおもしろい!もちろんおいしい!!

堀川ごぼうチップスは、子どもに食べさせたいですね。

 

3品目は、「セコ蟹のトマトクリームペンネ」(天の酒喰食房さんの「蟹のアヒージョ」と中嶋農園さんの「トマトジュース」)。

4品目は、「和風ジャーマンポテト」(農業法人京都特産ポークさんの「ウインナー」と伍八山椒堂さんの「浅倉山椒の青粉」)。

付け合わせは、田舎暮らしさんの「鹿肉のジャーキー」。

なんせ、蟹ですよ。そして、大好きな肉! 美味しいに決まってる!!(笑)

 

そして最後は、「米麹と抹茶のパンナコッタ」(佐々木酒造さんの「米麹ピューレ」と、テアニンさんの「抹茶」)。付け合わせは、京西陣菓子宗禅さんの「フルーツわらび」、テアニンさんの「抹茶」、fujitakaさん出展、美濃与食品さんの「羊羹」です。

さすが、抹茶は、コラボの王様ですね!おいしい!

介護食の羊羹も、とてもおいしい!!

 

こうして試食を終え、いよいよ各京都企業さんと、バイヤーさんとの商談スタート。

バイヤーさんは百貨店などの小売から、様々な施設等に卸す流通・サービス、京都食材を使った新商品開発を狙う食品メーカーさんまで様々!

少数精鋭で、明確な目的をもって集った今回の試食商談会。濃密な商談となったようです!

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?