ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 【京都eスポーツゲーム大賞】実施に関するお知らせ

ここから本文です。

【京都eスポーツゲーム大賞】実施に関するお知らせ

 esportsAward

京都eスポーツゲーム大賞(Kyoto esports Award)「Bitsummit共催で、未来のeスポーツタイトルを募集します」

 

  1. 企画趣旨
  2. 応募概要
  3. 審査員プロゲーマー紹介
  4. 主催者

 

1.企画趣旨

近年のゲーム業界は、コンピュータネットワークの充実により、スマートフォンなどでもゲームを楽しめるようになり、世界のゲーム市場規模は年々増加しており、中でもゲーム大会にかけられた賞金を得る選手を「プロゲーマー」とし、ゲームでの対戦を競技(スポーツ)として捉えた「エレクトロニック・スポーツ(以下eスポーツ)」が世界中で過熱しています。

しかし、国内ではゲームは娯楽として認識が根深く、プロゲーマー人口・賞金額等は海外に比べて少なく、競技として認知度はまだまだ低い現状です。

そこで、京都府には多くのゲーム企業があるため、eスポーツをキッカケにしたゲーム業界の活性化を図るため、京都府とポノス株式会社(外部リンク)が中心となり、2020年1月12日(日曜日)に「京都eスポーツサミット2020Winter」(外部リンク)を開催し、『京都eスポーツゲーム大賞』の実施を発表しました。

本事業は、国内の開発者から対戦型のインディーゲームを募集し、2020年5月9日(土曜日)開催予定の「京都eスポーツサミット2020 Spring(日本最大級のインディーゲームの祭典:BitSummit The 8th Bit(外部リンク)内)」において、プロゲーマー等による最終審査を行い、優れたタイトルを表彰します。

クリエイターの発想と、インフルエンサーとしても活躍するプロゲーマーが出会い、京都から世界へ羽ばたくeスポーツタイトルが誕生することを期待して、ご応募をお待ちしております。

 

Bitsummitとは?

BitSummitは、毎年京都で開催している日本最大級のインディーゲームの祭典です。 

「クリエーターのためのゲーム市場を創造する」という目的を掲げ、2013年にゲーム関係者の交流会としてスタートしたところですが、

2019年には来場者数1万7千人を超える大きなイベントに成長するとともに京都に根付く新たなゲーム企業も数十社へ飛躍的に拡大しています。」

会場の様子ゲームをしている様子ビットサミットの様子

 

ページトップへ

ページトップへ

 

2.応募概要

【応募期間】令和2年1月12日(日曜日)~令和2年2月29日(土曜日)

 

【最終審査会及び表彰式】 「京都eスポーツサミット2020 Spring」(2020年5月9日(土曜日))

 

【応募サイト】 https://www.esports.kyoto/(外部リンク)

注※この応募サイトにて、2020年3月下旬に最終審査会ノミネート作品を発表

 

【応募方法】 応募サイトの応募フォームから必要事項を記載(無料)

注※応募受理後にゲームデータの受け渡し方法などについては事務局から折り返しご連絡致します。

 

【賞・賞金】 大賞(1点)開発支援金50万円/特別賞(1~3点程度)開発支援金10万円

 

【応募資格】

1.日本国内在住の方(国籍、年齢、職業は問わない)

2.開発規模が50名未満であること

 

【審査対象ゲーム条件】

1.eスポーツにも使うことができる、競技性を持った対戦ゲーム(注※1)
2.発売後1年以内の作品または現在開発中のゲーム(注※2)
注※1キャラクターの能力、課金、運がゲームに大きく影響せず、公平にプレイヤーの能力によって勝敗がわかることを指します。
注※2審査を行う為に試遊、対戦が行える状態であるものに限ります。

 

【応募対象プラットフォーム】 PC/スマートフォン/家庭用ゲーム機

 

【審査基準 評価項目表(例示)】

競技点

対戦において、ルール・勝敗がわかりやすいか

操作点

プレイヤーが、キャラクターなどを多様に操作できるか

演出点

観客が盛り上がるよう、演出などに工夫があるか

独創点

  • 既存のゲームにはない特色を持っているか
  • 特にeスポーツのゲームタイトルを意識した工夫があるか

 応募多数の場合、上記の項目等を総合的に評価して数点に選定し、最終審査会において受賞者を決定致します。
注※「京都eスポーツサミット2020 Spring」で行う最終審査に関しまして、評価項目が変更される可能性がございます。

 

【選考委員メンバー】 BitSummit実行委員会、プロeスポーツ選手(プロゲーマー)、京都eスポーツサミット実行委員会(京都府/ポノス)

 

【最終審査会・表彰式】 2020年5月9日(土曜日)開催 京都eスポーツサミット2020 Springにて実施予定

 

その他詳細については、応募サイト(外部リンク)をご参照ください。

 

ページトップへ

ページトップへ

 3.審査員プロゲーマー紹介

ゲーマーアイドル倉持様

倉持由香(くらもちゆか)

G-STAR.PRO
女子e-sportsチーム「G-STARGAMING」プロデューサー
TwitterID:@yukakuramoti

ゲームに本気で取り組むゲーマーアイドル。2019年11月にプロ格闘ゲームプレイヤー「ふ~ど」選手と結婚。自宅のゲーミングスペースにはPCやゲーム機に加え、周辺機器も完備。グラドル自画撮り部部長。
プロゲーマーアクア様

ACQUA(アクア)

株式会社ブシロードプロデューサー
TwitterID:@acqua_db

ストリートファイターVのJeSUプロライセンス保持者。様々なタイトルをやり込むマルチプレイヤーとしての側面持つ一方、持つ一方、カードゲームやスマートフォンゲームアプリのプロデューサーを務めている。

ページトップへ

ページトップへ

4.主催者

京都eスポーツサミット実行委員会(京都府株式会社ポノス(外部リンク)

 ポノスロゴ(外部リンク)

共催:Bitsummit実行委員会・KYOTOCMEX(外部リンク)

 Bitsummitロゴ(外部リンク) cmexロゴ(外部リンク)

 

経過

京都府では、映画・映像、アニメ、ゲームなどのコンテンツ分野の産業振興施策(クロスメディアパーク整備事業)を推進し、国内最大級のインディーゲームイベント「BitSummit」等を開催しておりますが、eスポーツをきっかけとして、府内ゲーム企業の更なる活性化を図るため京都府とポノス株式会社が中心となり産学公連携のもと京都府のゲーム業界の活性化を図りたい思いから立ち上がりました。

「産学官」の目的は以下の通りになります。
「産」:eスポーツをきっかけとした人材が活躍できるフィールドの提供を行う事
「学」:京都府出身の優秀な人材がeスポーツをはじめゲーム関連業界に興味関心を持つ事
「公」:eスポーツによりゲーム関連企業が活性化し京都府全体の盛り上がりに寄与する事
将来的には、一般ユーザーも多く楽しめる『eスポーツイベント』に成長させて参りたいと思います。

加えて、常に新しいものを生み出し続けるゲーム・クリエーター達の発想力やアイデアの柔軟性、技術・ノウハウを、本イベントを通じてゲームファンだけでなく異分野の企業・人々に多く触れていただくことで、ゲームと異分野との「クロスメディア新産業」の創出を推進します。

 

問い合わせ先

京都府商工労働観光部ものづくり振興課創業・地域産業戦略担当

〒602-8570京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

TEL:075-414-5106 esports@cmex.kyoto

 

ページトップへ

ページトップへ 

© Kyoto Prefecture. All Rights Reserved. © PONOS Corp.
BitSummit © Copyright 2019. All rights reserved. The BitSummit Organization Committee.

 

京都イースポーツサミット2020ロゴ

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?