トップページ > 暮らし・環境・人権 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > 腸管出血性大腸菌による食中毒患者の死亡について

ここから本文です。

腸管出血性大腸菌による食中毒患者の死亡について

府内で、加熱不十分な肉を喫食し、腸管出血性大腸菌O157の食中毒患者となった高齢の方の死亡事例が発生しました。

牛や豚、鶏などの生肉、生レバーには、腸管出血性大腸菌、カンピロバクター属菌及びサルモネラ属菌など、食中毒を起こす細菌が潜んでいる可能性があります。これらの菌はごく少数でも食中毒を起こします。

腸管出血性大腸菌などの食中毒菌の多くは熱に弱く、75℃、1分以上の加熱により死滅します。

  • お肉はしっかり中心部まで加熱しましょう。

  • レバ刺しなどの生の食肉は食べないようにしましょう。

  • 特に、子ども、高齢者、抵抗力が弱い方は、重症化することがありますので、生肉や加熱不十分な肉料理は食べさせないようにして下さい。

 

なお、京都府では、次のチラシを配布し、府民の皆様に肉の生食による食中毒の予防を啓発しています。

チラシはこちらから(PDF:1,449KB)

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp