ここから本文です。

京都府景観資産登録地区の紹介21

21 高品質てん茶の産地・八幡市~流れ橋周辺に広がる浜茶の景観~

名称 高品質てん茶の産地・八幡市~流れ橋周辺に広がる浜茶の景観~
所在地 八幡市上津屋・野尻・岩田
提案者 JA京都やましろ都々城茶生産組合
分野 農林水産業・商工業に関する景観
登録年月日 平成27年1月22日

代表写真

 八幡市-茶園

提案理由

 八幡市の木津川左岸では、かつて河川敷に広がった茶園を今に見ることができる。
 山間部で栽培されるお茶を「山茶」と呼ぶのに対して、水辺の砂地で栽培されるお茶は「浜茶」と呼ばれ、山茶よりも緑色が濃くなることで知られている。
 高品質な『てん茶』が生産されている八幡市の茶に関心を持つ人を増やし、自らも価値のある茶園を守り続ける意志を代々に受け継いでいきたい。

保存活用計画書

詳しい登録範囲や位置、その他詳細については、保存活用計画書21(PDF:407KB)を御覧ください。

登録箇所の位置

京都府景観資産一覧の所在地をクリックすると登録箇所の代表的な地点が表示されます。
なお、登録範囲については、保存活用計画書を御覧ください。

イベントカレンダー

年間イベントについては、京都府景観資産登録地区イベントカレンダーを御覧ください。 


 

京都府景観資産トップページへ戻る
前の景観資産|次の景観資産>

お問い合わせ

建設交通部都市計画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5329

toshi@pref.kyoto.lg.jp