ホーム > 安全な暮らし > 女性と子どもを犯罪や被害から守る > 深刻化する「少年の福祉を害する犯罪」から子どもを守ろう!

ここから本文です。

深刻化する「少年の福祉を害する犯罪」から子どもを守ろう!

児童買春、児童ポルノ、子どもへの違法薬物の提供、酒・タバコの提供、若年者の風俗店等での雇用等は、子どもを食いものにし、その心身に有害な影響を与え、次世代を担う少年の健全な育成を阻害する悪質な犯罪です。

皆さんの身近に…

  • 児童買春やいわゆる「援助交際」と称する交際を仲介している人がいる。
  • 少年を働かせている風俗店やスナック等がある。
  • 少年を深夜まで働かせている飲食店や工事現場等がある。
  • 少年に酒類を提供している飲食店やカラオケボックス等がある。
  • 正当な理由なく少年に酒類やタバコを販売している店がある。
  • 少年にタバコを吸わせている店や吸う場所を貸している所がある。
  • 少年に大麻や覚せい剤等の違法薬物や危険ドラッグを売っている所や与えている人がいる。
  • 児童ポルノのDVDや写真集を販売している店又は人がいる。たくさん所持している人がいる。

保護者の皆さんは、子どものこんな様子が気になったことはありませんか?

  • 夜の外出や外泊が多くなった。
  • 家出を繰り返したり、深夜に帰宅することが多い。
  • 帰宅するとアルコールの臭いがする。
  • 与えていない現金や高価な物を持っている。
  • 携帯電話やスマートフォンを使用して「出会い系サイト」を利用したり、SNSで知り合った人と会うために出かけたりする。
  • 子どもの部屋から携帯電話等で写真を撮影している音が聞こえる。

irasuto1

福祉犯罪に関する情報を知ったとき、子どもの様子や生活態度等で気になることがあれば、

まで相談してください。

お問い合わせ

京都府警察本部少年課少年事件特別捜査隊福祉犯係・少年サポートセンター被害少年保護係
京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85ー3.85ー4合地
電話:075-451ー9111