ホーム > 安全な暮らし > 女性と子どもを犯罪や被害から守る > 児童ポルノの被害から児童を守ろう!

ここから本文です。

児童ポルノの被害から児童を守ろう!

児童ポルノの根絶に向けて

18歳未満の少年や少女が、児童ポルノの被害者となる事件が増加しています。

児童ポルノがいったんインターネット上に流出してしまうと、その回収は事実上不可能なため、被害児童の苦しみは将来にわたって続きます。こうした児童ポルノを根絶するためには、府民一人ひとりが「児童ポルノの被害から児童を守るため、児童ポルノは絶対に許さない!」という強い意識を持ち、社会全体で取り組んで行くことが必要です。

児童ポルノとは

児童とは、男女問わず18歳に満たない者をいいます。

児童ポルノとは、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」により、以下のように定義されています。

児童ポルノの定義

「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理のように供されるものをいう。以下同じ。)に係る記録媒体その他の物であって、次のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することのできる方式により描写したものをいう。

  • 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態
  • 他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
  • 衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの

児童買春、児童ポルノ禁止法が一部改正されました

児童買春、児童ポルノ法の一部が改正され、平成26年6月25日公布、同年7月15日施行となり、この法律の改正により、従来の

児童ポルノを提供、製造等をする行為

児童ポルノを公然と陳列する行為

児童ポルノを提供目的で所持する行為 など

に加えて

  • 自己の性的好奇心を満たす目的による児童ポルノの所持
    ※平成27年7月15日より罰則が適用されます。
  • 盗撮による児童ポルノ製造罪が新設され、ひそかに、児童ポルノに係る児童の姿態を写真、電磁的記録にかかる記録媒体その他の者に描写すること

が新たに追加されました。

児童ポルノは厳しく処罰されます

児童ポルノに関する犯罪を犯すと重い刑罰が科されます。

罰則

  • 自己の性的好奇心を満たす目的による児童ポルノの所持の罪
    1年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • 児童ポルノの提供、製造等の罪
    3年以下の懲役又は300万円以下の罰金
  • 盗撮による児童ポルノの製造の罪
    3年以下の懲役又は300万円以下の罰金
  • 児童ポルノの公然陳列等の
    罪5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金又はこれを併科

児童ポルノの被害に遭わないために

児童が児童ポルノの被害に遭うケースとして次のようなものがあります。

  • 児童買春の相手方に裸の写真を撮影された
  • インターネット上で知り合った人に、言葉たくみにだまされたり脅されたりして、自分の裸を撮影して携帯メールで相手に送信してしまった(男性が女性を装うケースも)
  • 最近では、児童自らがお金を目的に利用したライブチャットの相手方から服を脱ぐように要求されて、自分の裸を相手の男性に動画として保存されてしまい、あやうく児童ポルノDVDとして流通しそうになった

広報資料・パンフレット

児童ポルノの根絶(外部リンク) あなたの子どもが児童ポルノの被害に(外部リンク) 児童ポルノの被害に遭わないよう注意(PDF:76KB)

福祉犯罪に関する情報を知ったり、子どもの生活態度が「おかしいな?」と思ったら

最寄りの警察署

又は

ヤングテレホン 075-551-7500

まで相談してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部少年課少年対策係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111