ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 京都府の外来生物対策

ここから本文です。

京都府の外来生物対策

京都府における外来生物の対策に関する情報や府内に生息する外来生物の情報をお知らせします。

京都府外来生物情報

府内における外来生物の生息実態及び被害状況を把握するため、「京都府外来生物専門委員会」を設置し、「外来生物実態調査」を行いました。
「外来生物実態調査」で得られた「外来生物リスト」、特に被害が大きいと認められる種の生息実態などを取りまとめた「外来生物データ」等を公開しています。 

カエルツボカビについて

カエルなど両生類に感染するツボカビにご注意ください。

平成18年12月に日本で初めてペットのカエルからツボカビ症例が確認されました。

また、平成19年6月に屋外のウシガエルから感染例が確認されました。

京都府内での確認事例はありませんが、野外に感染が拡大した場合、カエルをはじめとする在来の両生類に深刻な影響を及ぼすことになります。

カエルなどの両生類が急激に減ると、害虫が増え農業被害につながったり、カエルを食べる動物も減少して生態系の破壊を招く可能性があります。 

ツボカビ症について正しい知識を身につけ、ペットのカエル等の取扱には十分注意してください。

ツボカビ症とは

両生類の皮膚に含まれるケラチンを分解して生きている真菌(カビ)です。日本ではこれまで確認されていませんでした。

水を介して他の両生類に感染します。高い致死率(90パーセント以上)が報告されています。

人間を含むほ乳類、鳥類、は虫類、魚類には感染しません。

飼育個体の様子がおかしかったら

  • 一般の飼育者の方がツボカビ症を診断することは困難です。
  • 生きている個体は他の両生類から隔離し、お近くの動物病院にご相談ください。(ツボカビ症は獣医師の治療で治る場合もあります)
  • 死んだ個体は、厳重に封をして、可燃ごみとして処理してください。決して庭に埋めたり、野外に捨てないでください。
  • 飼育に使用した器具や排水は、漂白剤などで消毒してください。(廃棄する場合もかならず消毒してください)
  • ツボカビ症になっていなくても、飼育している両生類を絶対に野外に逃がさないでください。

参考ホームページ

環境省ホームページ「カエルなど両生類に感染するツボカビについて」

http://www.env.go.jp/nature/info/tsubokabi.html(外部リンク)

麻布大学ホームページ
http://www.azabu-u.ac.jp/wnew/detail07/070111.html(外部リンク)

特定外来生物に関するお問い合わせ

特定外来生物は、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づき対応されることとなります。 

本法の所管は環境省となっておりますので、規制、取り扱い、防除対策等特定外来生物に関するお問い合わせは、以下のホームページを参照してください。

  • 環境省 自然環境局 野生生物課 外来生物対策室

電話:03-3581-3351(代表)

http://www.env.go.jp/nature/intro/index.html(外部リンク)

  • 環境省近畿地方環境事務所

電話:06-4792-0706

http://kinki.env.go.jp/index.html(外部リンク)

なお、特定外来生物の防除は、同法第11条により必要と認められる場合は「主務大臣及び国の関係行政機関の長」が防除を行うことと明記されています。 

お問い合わせ

環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4706

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?