ホーム > 府議会の活動 > さまざまな取組 > 選挙区・定数等について

ここから本文です。

更新日:2018年8月14日

選挙区・定数等について

平成31年一般選挙に向けた選挙区・定数等の取扱いについて

選挙区・定数等小委員会の設置(平成30年度)

平成30年7月12日、「平成31年一般選挙に向けた議員の選挙区・定数等の取扱い」について点検等を行うため、議会運営委員会に選挙区・定数等小委員会が設置されました。

平成30年7月設置

  • 石田宗久(自民):委員長
  • 秋田公司(自民)
  • 光永敦彦(共産)
  • 平井斉己(府民)
  • 林 正樹(公明)

検討の内容(平成30年度)

選挙区・定数等小委員会

平成27年一般選挙に向けた選挙区・定数等の改正について

平成26年9月定例会において、次のとおり定数に関する条例の改正を行いました。この改正は、平成27年4月の一般選挙から適用されます。

  • 京都府議会議員定数60人(現行どおり)
  • 各選挙区の議員定数(下記以外の選挙区は現行どおり)
    • 定数増
      「宇治市及び久世郡」4人→5人
    • 定数減
      「左京区」4人→3人
  • 選挙区の区域の表記の変更
    市名・郡名のみ→市名・郡名+町村名

この改正による1票の最大の較(かく)差は「1.79」から変更はありません。
(平成22年国勢調査の結果に基づく人口によるものであり、条例改正後に
公表された平成27年国勢調査による場合は「1.76」になります)

平成23年一般選挙に向けた選挙区・定数等の改正について

平成22年9月定例会において、次のとおり定数に関する条例の改正を行いました。この改正は、平成23年4月の一般選挙から適用されます。

  • 京都府議会議員定数62人→60人
  • 各選挙区の議員定数(下記以外の選挙区は現行どおり)
    • 定数増
      「西京区」2人→3人
    • 定数減
      「左京区」5人→4人
      「舞鶴市」3人→2人
      「南丹市及び船井郡」2人→1人
  • 選挙区の区域及び定数の確定
    「相楽郡」(定数2人)→「木津川市及び相楽郡」(定数2人)

この改正により、1票の最大の較(かく)差が「2.89」から「1.92」になります。
(平成17年国勢調査の結果に基づく人口によるものであり、条例改正後
に公表された平成22年国勢調査による場合は「1.79」になります)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府議会事務局議事課政策法務係

京都市上京区下立売通新町西入

ファックス:075-441-8398