ホーム > お知らせ・ご案内 > 広報・広聴の取組 > 京都府議会/府議会だより > 府議会だよりNo.34 令和元年(2019年)12月発行 > 動き出した京都府総合計画

ここから本文です。

更新日:2019年12月1日

動き出した京都府総合計画

京都府総合計画を9月定例会で可決しました。議会では、表紙に紹介した20年後の数値を念頭に、府のめざす方向性について議論を行いました。

京都府総合計画とは

「一人ひとりの夢や希望が全ての地域で実現できる京都府をめざして」、おおむね20年後に実現したい将来像を示した「将来構想」、おおむね4年間の取り組みを示した「基本計画」、山城・南丹・中丹・丹後の「地域振興計画」からなります。

議員からの主な意見

人とコミュニティを大切にする共生の京都府

  • 小規模保育事業所などの増加を実感しているが、安心・安全の面からも認可保育所の整備を
  • 保護者のケアなど、児童虐待の未然防止への取り組みを
  • 少子化の原因は、低賃金、子育て・教育の負担など、暮らしの営みに対する不安であり、その解消が必要
  • 育児や家事は依然母親に分担が偏っていると考える。男女がともに苦楽を分かち合い、協働して子育てを楽しめる支援が重要

人とコミュニティを大切にする共生の京都府

文化の力で新たな価値を創造する京都府

  • アート市場を育てるうえで、その市場に文化財が商品として流出することがないように

豊かな産業を守り創造する京都府

  • ICT教育について、IT技術者を必要としている産業界から教育側へ呼びかけることが必要
  • AIなどを活用できる人材

  • 労働力人口が減少するなか、産業の発展にはAIなどを活用できる人材の育成、働く意欲のある方への職業訓練などが重要
  • 丹後半島で増加するサイクリング観光客のため丹後半島全体を周遊できる施策展開を
  • 丹後半島

環境にやさしく安心・安全な京都府

  • 防災情報の提供は、スマートフォンのアプリの活用など、若い方や高齢者でも登録しやすいプッシュ配信をしては
  • 後付けできる安全装置の購入や安全装置付き車両への買い替えなど、高齢運転者への補助制度を

丹後半島

新総合計画に関する特別委員会総括質疑(主な項目)9月25日(水曜日)

秋田 公司 自民 南区

●京都産業の未来像について

四方 源太郎 自民 綾部市

●JR山陰本線の複線化について

園崎 弘道 自民 城陽市

●子育て支援と健康長寿、スポーツの裾野拡大の取組について

山内 佳子 共産 南区

●貧困と格差を是正し、府民のくらしを守ることについて

光永 敦彦 共産 左京区

●府営水道と市町村水道の広域化、共同化について

酒井 常雄 府民 城陽市

●基本計画と行財政改革プランの関係について

諸岡 美津 公明 右京区

●予防保全型の災害対策について

※京都府総合計画の詳細は京都府ホームページをご覧ください

京都府総合計画

ホームページ

お問い合わせ

京都府議会事務局総務課広報広聴係

京都市上京区下立売通新町西入

ファックス:075-441-8398