ここから本文です。

京都府の災害復旧

1.京都府の災害

京都府は南北に細長い地形をしていることから、大陸性と海洋性の2つの気象条件の影響を受けやすく、毎年、豪雨や台風等の異常気象により公共施設に被害を受けています。

2.平成24年発生災害

平成24年は、災害復旧事業の対象となる異常気象が合計7回発生し、なかでも8月13日~14日の豪雨により、府南部の山城地域を中心に大きな被害が発生しました。
宇治市では4つの河川から水が溢れ市街地に流れ込み、3,000棟以上の家屋が浸水被害を受けました。また、志津川が決壊したことにより民家1棟が流され、2名の方が亡くなられました。
この豪雨により京都府内(市町村管理施設も含む)の105箇所で災害が発生し、被害総額は14億4942万円にのぼりました。
※平成24年全体では151箇所が被災し、被害総額は17億6552万円。

被災した志津川の様子
志津川

3.災害発生状況の推移

府では、過去に府・市町村を合わせた被害額が100億円以上の災害が5回(昭和28年、47年、57年、58年、平成16年)発生しています。特に、平成16年は被災額約330億円という過去に類を見ない大災害が発生しました。災害件数

 

4.最近の災害復旧の事例紹介

河川災害

道路災害

橋梁災害

環境に配慮した災害復旧事業

災害関連事業

小川関連事業

お問い合わせ

建設交通部砂防課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-432-6312

sabo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?