ここから本文です。

BSE検査法

 ウシがBSEに感染しているかどうかを調べるために、日本では4つの方法が用いられています。

病理組織学検査:脳を薄く切って顕微鏡で観察し、スポンジ状変化などを見る

免疫組織化学検査:脳内に存在する異常プリオンを染色して、その分布などを見る

ウェスタンブロット法:脳内のプリオンを抽出し、その大きさ(分子量)の違いを見ることによって、正常プリオンと異常プリオンを測る

ELISA法:脳内の異常プリオンを抽出し、それに結合する抗体を利用して異常プリオンを測る

現在京都府では、ELISA法を使って、BSEの検査を行っています。

BSE病理組織写真

BSE免疫組織写真(提供:独立行政法人動物衛生研究所)

関連リンク

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?