トップページ > 子育て・健康・福祉 > 福祉・高齢者・障害者支援 > 介護予防・自立した日常生活の支援

ここから本文です。

介護予防・自立した日常生活の支援

介護予防とは、(1)高齢者が要介護状態・要支援状態になることをできる限り防ぐこと、また(2)要介護状態になっても状態がそれ以上に悪化しないようにすることによって、高齢者が在宅において自立した生活を送れるようにすることです。

平成18年4月から、介護保険制度が予防重視型システムに転換して新しい介護予防の仕組みが構築され、「地域支援事業」が創設されました。
また、介護予防マネジメントなど包括的な支援を行うため、「地域包括支援センター」が設置されました。

地域支援事業

地域支援事業の主なサービス(シルバーインフォメーション)

地域包括支援センター

地域包括支援センターの一覧(シルバーインフォメーション)

京都府における健康づくり・介護予防などの取組内容(きょうと健康長寿日本一プラン)

きょうとお達者体操-介護予防体操-

要介護状態になる主な原因の一つに転倒・骨折や認知症等があります。

「動かない(生活が不活発な)状態」が続くことにより心身の機能が低下して「動けなくなる」ことが懸念され、そのことを予防するためにも日頃からの運動が大切です。

府内の介護予防体操の情報を集めていますので、「健康長寿」実現のため、お役立ていただければ幸いです。

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4572

koreishien@pref.kyoto.lg.jp