ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 有限会社谷口製麺所(京都企業紹介)

ここから本文です。

有限会社谷口製麺所(京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業等を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京の食 京都府の産業支援情報

早朝4時開店のうどん屋さん

(令和2年1月20日、ものづくり振興課 足利)

店舗外観

1月20日、冬の早朝4時。
暗い。そして何より寒い。

そんな時間に開店するうどん屋さんがあります。その名も「早起亭うどん」。
そう、“京・聖護院 天然湧き水製麺所”有限会社谷口製麺所という、名前のとおり製麺業者さんがうどん屋もなさっているのでした。京都府製麺卸協同組合(外部リンク)の理事長も務めてらっしゃいます。 

本当にそんな時間から開店しているのかと、恐るおそる行ってみたところ、4時ちょうどくらいに着いたのに(きっと、4時2分くらい)、既に先客が数名いらっしゃって、なんとなくひと安心。
早朝4時なのに、というのも変ですが、メニューもたくさんあります(外国語メニューも)。初回なので、ここは一番定番のもの、ということで「おかあちゃんのうどん」を頼んでみました。

メニュー

待っている間も冬の寒さが突き刺さるものの、メニューに書かれていた誕生秘話を読んで心の中は温まり、早朝の静けさの中で響く、店主さんが丁寧に卵をとじる音にただ耳を澄ませていると、じきに品が出てまいりました。

お母ちゃんのうどん

うまい。

静寂の中で、自分のすする音がやけに響いてしまいますが、このうまさの前では、そんなことは気にせず、ひたすらすすりました。
まさしく柔らかい味。麺もこしがありつつ柔らかく、体の芯からぬくもりました。(お水は聖護院の天然湧き水です。)

 

この味、この麺の秘訣、事業の秘訣について、改めて社長さんにインタビューできればと思います。
うどん、そば、中華麺等に関する統計データによると、社会の変化に伴い、ゆでる手間がかかる「生麺」や、ゆで時間が長い「乾麺」は、平成の30年間で大きく生産量が落ち込んだ一方、冷凍うどんを含む「ゆで麺」、焼きそば等の「蒸し麺」、インスタントラーメン等の「即席麺」は大きく伸びており、食の多様化も進んでおり、そうした中でも展望もお聞きしたいですね。

企業概要
  • 企業名:有限会社谷口製麺所
  • 所在地:京都府京都市左京区聖護院蓮華蔵町9

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?