ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 株式会社テック技販 (京都企業紹介)

ここから本文です。

株式会社テック技販 (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京都府の産業支援情報 京都品質

世界最小力覚センサ、姿勢リハビリ装置「BASYS」など オンリーワン計測ベンチャーの挑戦

(掲載日:平成29年5月9日、聞き手・文:ものづくり振興課 足利)

株式会社テック技販(宇治市)の纐纈代表取締役長様にお話をおうかがいしました。

世界最小クラスの力覚センサ

―まずは御社の概要から教えてください。

纐纈) 従業員35名で、研究開発分野等で用いられる「3軸力覚センサ」「6軸力覚センサ」などの各種センサや周辺機器・システム、スポーツ分野等で用いられる「フォースプレート」「トレッドミル」などの計測装置、医療・リハビリテーション分野等で用いられる「BASYS」という姿勢調整のための新たな装置などの開発・製造を行っています。各種センサ、データロガー、計測・制御ソフトウェアから試験・検査装置まで一貫生産できる点が当社の強みです。

  

―特許も多く、オンリーワンの製品が揃ってらっしゃるようですが、まず、センサ関係から、少しご紹介ください。

纐纈) 薄くてダイナミックな計測が可能なセンサから、指に装着して触角を測る計測器、モノの柔らかさを測る装置まで、ユニークで高精度な製品を作っています。例えば、3軸力覚センサは、厚さ5mmの薄さで3軸の検出が可能な世界最小クラスの荷重センサです。2cm角の小さいものですが、最大500ニュートンまで測れ、スポーツ用具・福祉機器・ロボット開発など汎用的にご使用いただけます。また、6軸力覚センサは、厚さ10mmで3軸+各軸モーメントの検出が可能です。

―どうして御社には世界最小クラスが実現できるのですか?

纐纈) まさに一貫生産できる強みを活かしているのですが、小さいセンサですので、X軸方向の測定においてもY軸、Z軸方向の干渉が発生しまいます。それをソフトウェアで補正するシステムを作っており、X軸方向だけの正確な値が出てくるのです。おかげ様で、多くのご利用をいただいており、大手シューズメーカー様の新シューズ開発、大手楽器メーカー様のピアノの鍵盤、バイオリンの絃などの調整、開発などにも用いられています。

 

これまで測ることのできなかった触覚や柔らかさを測る

―素晴らしい。

纐纈) あるいは、指に装着して触角を測る「HapLog」は、指の触感を残したまま、モノに触れる・押す・なでる・つかむ動作を物理量(荷重)として計測するものです。指腹を邪魔しないコの字状のセンサ形状とし、接触面に触れると指が変形する、その変形具合をコの字形状部に内蔵センサがセンシングし、荷重に換算、検出します。用途・応用例としては、医療分野では、手術における教育ツール、リハビリの効果測定、自動車産業では、ハンドル・社内装備品の操作性評価、家電・消費産業やゲーム・スポーツ産業では、指操作におけるユーザビリティ評価、バーチャルリアリティでは、指先感覚のセンシングなど様々です。

 

―おもしろいですね。

纐纈) あるいは「YAWASA」は、客観的な物理量「弾性係数(ヤング率)」による定量化が可能で、これまで分からなかった、モノの柔らかさを測ることができるものです。食材、材料、皮膚など様々なモノに対して、ハンディタイプですので手軽に、指に触れるような感覚で、すなわち、低侵襲で柔らかさを図ることができます。

 

国内唯一のトレッドミルメーカー

―次に、フォースプレートなどについて教えてほしいのですが、フォースプレートとは何ですか?

纐纈) 歩行や走行における力学解析に必須な装置で、3軸+各軸モーメント、すなわち6分力の計測が可能です。6分力から圧力中心点を求めることもできます。例えば、水泳競技の飛込台や、陸上競技のスターティングブロック台等に組み込んでご使用いただいている例もあります。

  

―なるほど。

纐纈) あるいは、靴にも装着可能な超小型の「M3Dフォースプレート」や、指をなぞるぐらいの細かな感覚の計測が可能な「触覚フォースプレート」もあります。スマートフォンのフリック・タッチ力や布地の滑らかさや化粧品や薬品の塗布する力など小さな滑り力のダイナミック計測が可能です。

 

―素晴らしい。

纐纈) 当社のフォースプレートは、ひずみゲージ式で直線性・温度特性に優れています。キーとなる内臓センサやトッププレートの設計・組み合わせ手法にも、一貫生産の当社のノウハウを活かしておりますし、計測システムの提案から、設置工事・動作確認、試験、アフターサービスまで万全のサポートを行っています。

―いいですね。

纐纈) ゼロバランスやレンジ設定もリモコンで一括制御できますし、レベル調整等も専用ソフトで手軽に行えます。出力は、パソコンを接続するだけで簡単に検出できますし、モーションキャプチャと繋げてのアナログ出力もできます。

 

―そして、フォースプレートを組み込んだものがトレッドミルですね?!

纐纈) そうです。国内で唯一の開発・製造メーカーでして、6分力やその圧力中心点を計測するフォースプレートをトレッドミルに組み合わせることで、スライド長やステップ数の計算も可能です。最大30km/hで回転し、ランニングからウォーキングまで幅広く対応できる汎用タイプ、リハビリテーションに重点を置いたプログラムを組み込んだリハビリタイプの2種類を用意しています。

 

姿勢リハビリ用プラットフォーム「BASYS」

―素晴らしい。では次に、「BASYS」について教えてください。

纐纈) 国立障害者リハビリテーションセンター研究所の河島則天先生と共同開発した、新しい姿勢調節リハビリテーション装置です(薬機法医療機器)。リアルタイムで検知した立位姿勢時の重心動揺を、本人の知覚にのぼらないレベルで「増幅、減弱」させることで、立位姿勢調節における随意調節と反射調節のバランスを潜在的かつ合目的的に調整する姿勢リハビリ用プラットフォームなのです。

―どういうことですか?

纐纈) 人間が、どうやって立位バランスを保っているかということと関係します。脳であってり、脊髄の反射であったり、あるいは筋力であったりするわけです。例えばバランスボースなどは筋肉を鍛えたりするものかと思いますが、本装置は床面を動かすことで、人間が本来持っている反射による立位バランス調節機能を促進させようというものなのです。

―なるほど。

纐纈) 例えば、本来の自律的な姿勢調節が損なわれている高齢者などに対しては、ご本人の揺れと「逆方向」に装置の床面を振らして、揺れを「増幅」させます。一方、反射亢進や起立性震戦などにより立位姿勢動揺が大きい患者などに対しては、ご本人の揺れと「同方向」に地面が振らすことで、揺れを「減弱」させます。ただし、本来の自律的な姿勢調整を促進するものですので、床面の振れを人間が感じてはダメですので、本人の知覚にのぼらないレベル、すなわち、重心動揺量の5~15%としています。おかげ様で、BASYSを使った方々から、大変ありがたいというお声を多くいただいております。

 

―素晴らしい。では、最後に今後の展望はいかがでしょう。

纐纈) 新しい技術を開発するためには、様々な事象を計測し、データ化する計測技術が欠かせません。技術の発展とともに計測技術のフィールドは広がり、無限ともいえる「未知」の領域が存在しています。私たちは計測を専門とするベンチャー企業として、市場の様々なニーズに柔軟に対応して、本当に求められるものを作り出していきたいと思っています。

 

今後の展開がますます楽しみですね。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?