ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > けいはんなロボット技術センター Keihanna Robotics Engineering Center @ Kyoto > 相手ロボットを思いやる心を持つロボット-コネクテッドロボットワールド(「けいはんなロボット技術フォーラム」開催報告)

ここから本文です。

相手ロボットを思いやる心を持つロボット-コネクテッドロボットワールド(「けいはんなロボット技術フォーラム」開催報告)

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) Robot Center Kyoto 京都府の産業支援情報・京都府ものづくり振興課 

展示会風景

(令和元年10月7日、更新:令和元年12月17日 ものづくり振興課)

2019年10月3日から2日間に亘り「けいはんなロボット技術フォーラム2019 Autumn(第2回ミライロボット研究会)(京都スマートシティエキスポ2019・けいはんなビジネスメッセ2019同時開催)」を開催しました。

 デモンストレーション (動画)

デモンストレーション

サブタイトルの「ロボットたちの競演」にふさわしく、けいはんなロボット技術センターで開発が進む「自律ロボット」や「コネクテッドロボット」を披露しました。一つひとつの動きをプログラムしていた従来型ロボットと違い、自ら判断して動作ルートを決める自律ロボット。更には、そうした自律ロボットどうしが、種類やメーカーの違いを超えて連動し、共同作業を行うコネクテッドロボット。写真は、台車自律ロボットが、荷台の荷物を別のアームロボットが取りやすいようにと、自ら考えて荷台をアームロボット側に向けていく動きです。

デモンストレーション風景

出演企業

Kyoto Robotics株式会社株式会社Keigan株式会社JRC株式会社SOCINNO株式会社T-ROBO、村田機械株式会社、Rapyuta Robotics株式会社

講演・ミニプレゼン

講演風景

立命館大学理工学部の川村貞夫教授による講演「やわらかいロボットの実用化を目指して」、京都大学大学院情報学研究科の髙瀬英希助教による講演「つながるロボット~分散協調ロボットの開発を加速化するROSの紹介~」のほか企業様によるミニプレゼンも行われました。

登壇企業

Kyoto Robotics株式会社、コーデンシ株式会社、村田機械株式会社、RoboMaster日本委員会、学生支援団体(ロボコン出場チーム)「Scramble」

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?