ここから本文です。

ホンダワラと加工品の紹介

ホンダワラとは?

ホンダワラは冬に旬を迎えるホンダワラ科の海藻で、丹後では昔から「ジンバ」と呼んでいます。最近、丹後で食べられるようになったアカモクとは別の種類です(くわしい見分け方のページ)。海藻独特の香りが強く、サクサクとした食感が特徴で、昔から炊き込み御飯や佃煮にして食べてきました。

水中のホンダワラホンダワラの先端

ホンダワラに多く含まれる食物繊維には、コレステロール低下作用、血糖調節作用、整腸作用、降血圧作用などがあることが知られています。また、ホンダワラには、マグネシウムや鉄、亜鉛などのミネラルも多く含まれています。

 

表、ホンダワラに含まれるミネラルの量(mg/100g)

成分

ホンダワラ
(凍結乾燥)

素干しワカメ

干しヒジキ

ナトリウム

640

6600

1400

カリウム

1200

5200

4400

カルシウム

1300

780

1400

マグネシウム

1800

1100

620

8.3

2.6

55

亜鉛

2.1

0.9

1.8

<0.1

0.08

0.18

食物繊維

51.9%

32.7%

43.3%

ホンダワラ(京都府中小企業技術センター分析)
素干しワカメ、干しヒジキ(食品成分表の値)

調理例

海藻特有の香りが強いホンダワラですが、コンブなどに比べて「うま味成分」はほとんど含まれていません。しかしそれ故に、調理次第でどのようにでも味付けが可能な食材とも言えます。酢の物、サラダ、吸物、白和え等の料理で、食感と香りを楽しむことができます。

ホンダワラの吸物ホンダワラのサラダホンダワラの白和え


その他の調理例については、パンフレット「アカモクとホンダワラ」をご覧下さい。

 ホンダワラ加工品の紹介

ホンダワラは1~3月に旬を迎えるので、この時期に丹後で、生のホンダワラや乾燥ホンダワラ、冷凍された生のホンダワラなどが販売されています。お問い合わせは各販売先までご連絡ください。

ホンダワラを干す作業

生のホンダワラは水洗いした後、たっぷりのお湯で湯がいてから料理に使い、乾燥したホンダワラは一度水で戻してから同じようにたっぷりのお湯で湯がいてから料理に使って下さい。

お問い合わせ

農林水産部水産事務所

宮津市字小田宿野1029-3

ファックス:0772-25-1532

suisanjimusho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?