ここから本文です。

熱中症予防対策(熱中症警戒アラート)

近年、熱中症による死亡者数・緊急搬送者数は著しい増加傾向にあり、気候変動等の影響を考慮すると熱中症対策は極めて重要な課題です。これまで、気象庁の高温注意情報や環境省の暑さ指数(WBGT)等によって熱中症に対する注意が呼びかけられてきましたが、より効果的な予防行動へ繋げるための新たな情報提供として、気象庁と環境省が連携し、令和3年4月28日から全国で「熱中症警戒アラート」の運用が開始されました。

「熱中症警戒アラート」は、熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に注意を呼びかけ、予防行動をとっていただくよう促すものです。

熱中症警戒アラートの発表の基準

  • 熱中症警戒アラートの発表の基準には、熱中症との相関が高い「暑さ指数(WBGT)」が用いられています。
  • 暑さ指数(WBGT)の値が「33以上」と予測された場合、気象庁の府県予報区等を単位として、また、暑さ指数(WBGT)の予測値や予想最高気温の値、具体的に取るべき熱中症予防行動も含めて発表されます。

熱中症予防行動

注※環境省の啓発資料を参考に作成

熱中症警戒アラートの発表情報を知るには?

熱中症警戒アラートが発表されたらどうすればいいの?

  • いつも以上に熱中症に気をつける必要があることから、積極的に熱中症予防行動を取りましょう
  • どうしても急ぐ用事などがある場合以外は、外出を控えましょう
  • 部屋の中でも、エアコンやクーラーなどを使って、涼しくして過ごしましょう
  • のどが乾く前にこまめに水分をとりましょう
  • 家族や身の回りの人同士で、熱中症に気をつけるように声を掛け合いましょう
  • 屋外や空調のない屋内での運動は、原則、中止や延期しましょう

関連リンク

お問い合わせ

府民環境部地球温暖化対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

tikyu@pref.kyoto.lg.jp