ここから本文です。

京都府景観資産登録地区の紹介26

26 西向日・桜の径と住宅地景観

名称 西向日・桜の径と住宅地景観
所在地 向日市上植野町御塔道、南開、浄徳、円山、野上山、山ノ下、鶏冠井町稲葉 地内
提案者 西向日自治会、西向日の桜並木と景観を保存する会、向日市
分野 集落・住宅・交通に関する景観
登録年月日 平成30年3月29日

代表写真

 shisan026

提案理由

 「桜の径」は、昭和初期に新京阪鉄道(現阪急電鉄)によって開発された閑静な住宅地内に、噴水を中心に碁盤の目に整備された桜並木のある街路。
 桜の季節には、桜並木が住宅地を美しく彩り、歴史的景観を創出している。
 地域の方々によって守り・育てられてきた、この桜並木の景観を地域の価値ある資産として顕彰するとともに、その景観を後世に残し伝え、そして、その維持管理活動を通じて地域の方々の絆を強めていきたい。

保存活用計画書

詳しい登録範囲や位置、その他詳細については、保存活用計画書26(PDF:463KB)を御覧ください。

登録箇所の位置

京都府景観資産一覧の所在地をクリックすると登録箇所の代表的な地点が表示されます。
なお、登録範囲については、保存活用計画書を御覧ください。

イベントカレンダー

年間イベントについては、京都府景観資産登録地区イベントカレンダーを御覧ください。 


 

京都府景観資産トップページへ戻る
前の景観資産|次の景観資産>

お問い合わせ

建設交通部都市計画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5329

toshi@pref.kyoto.lg.jp