ここから本文です。

京都府景観資産登録地区の紹介23

23 玉露の郷・京田辺飯岡~丘陵地に広がる覆下茶園と集落の景観~

名称 玉露の郷・京田辺飯岡~丘陵地に広がる覆下茶園と集落の景観~
所在地 京田辺市飯岡
提案者 京田辺市飯岡区
分野 農林水産業・商工業に関する景観
登録年月日 平成27年6月12日

代表写真

 京田辺市-茶園③

提案理由

 木津川に隣接する京田辺市飯岡地区の中心には、川の土地浸食の過程で周りを削りとってできた標高約67mの独立丘陵(飯岡丘陵)があり、周囲は平地であるため、よく目立ち、当地区を象徴する景観のひとつとなっている。
 丘陵地は集落や茶園、竹林などに利用され、その周囲には水田が広がっており、自然特性を巧みに利用しつつ、茶生産をはじめとした複合的な農業が展開されることで、独特の景観を生み出している。また、丘陵地に広がる茶園では、覆下栽培による玉露生産が盛んにおこなわれ、南山城地域を代表する産地となっている。
 生業を継続することで生まれるありのままの景観を原則に、京田辺市飯岡区という独特の地域文化や景観を保全し、地域活性化と次世代への継承へ繋げたい。

保存活用計画書

詳しい登録範囲や位置、その他詳細については、保存活用計画書23(PDF:289KB)を御覧ください。

登録箇所の位置

京都府景観資産一覧の所在地をクリックすると登録箇所の代表的な地点が表示されます。
なお、登録範囲については、保存活用計画書を御覧ください。

イベントカレンダー

年間イベントについては、京都府景観資産登録地区イベントカレンダーを御覧ください。 


 

京都府景観資産トップページへ戻る
前の景観資産次の景観資産

お問い合わせ

建設交通部都市計画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5329

toshi@pref.kyoto.lg.jp