ここから本文です。

ブランド畜産物 京都肉

京都の牛の歴史は古く、1310年に描かれた我が国最古の和牛書「国牛十図」に「丹波牛」として取り上げられてています。おいしい水、四季折々の豊かな自然の中で、一頭一頭丹念に匠の技でじっくり育て上げる京都の和牛。その中から品質を厳選したものが「伝統と文化の味“京都肉”」。その繊細な味わいと上品な舌ざわりは、まさに美味の贅を極めた逸品です。

京都肉写真京都肉

京都産の和牛肉は高品質!

品評会でも高い評価を得ています!!

京都肉の定義

「京都肉」とは、下記の条件をすべて満たした食肉のことです。

  • 品種が黒毛和種であること。
  • 京都府内で最も長く飼養されていること。
  • 京都市にある中央卸売市場第二市場において食肉加工されること。
  • 日本食肉格付協会の枝肉格付が最高ランクの「A5、B-5及びA-4、B-4規格」であること(著しく品質が劣るものを除く)。

更にくわしく(PDF:384KB)

京都肉が買えるお店、食べられるお店

京都にある「京都肉」が味わえるお店を紹介しています。

ぜひ、一度ご賞味ください!

「京都肉が買えるお店、食べられるお店マップ」(PDF:2,074KB)

各店の詳細はこちらから

~To everyone of foreign tourists~(外国人観光客のみなさまへ)

Welcome to Kyoto!

In Kyoto there is "Kyoto beef" of delicious beef.

In Sukiyaki (Beef Hot Pot) and Yakiniku (Japanese BBQ), please eat .

Map of Kyoto beef(PDF:1,874KB)

老舗料理店の女将が伝授!京都のすき焼き

庶民の間で牛肉が広まるきっかけとなったのは、江戸時代末期にすき焼きの元祖である「牛鍋」が登場したことによるものといわれています。

また、明治2年、東京の新橋に、最初の「牛鍋屋」ができたとされ、同年、京都にも「すき焼き屋」が開店したとされています。関東のすき焼きが「割り下」で煮るのに対し、京都では、お肉を他の具材と甘辛く焼いていただきます。

このように、京都の牛肉文化や「すき焼き」の歴史は古く、とあるTV番組の「東西すき焼き対決」では、京都の料理店が見事に勝利をおさめたこともあるのです!

ここでは、京都のめぐまれた水や風土の中で育てられ、匠の技術で生産される京都肉と、京都の老舗料理店の女将が「京都のすき焼き」の作り方を紹介しています。

ご家庭でもお試しいただき、そして、京都にお越しの際は、ぜひ、「京都のすき焼き」をお召し上がり下さい。

心より、お待ちしています。

「おこしやす京の町、おたべやす京都肉」(外部リンク)

 


Kyoto Beef 雅へ

京地どりへ

京都ぽーくへ

『使ってみませんか 京都にはこんな畜産物がありますよ』へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部畜産課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4982

chikusan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?